最近のトラックバック

舎人公園・夏風景

8月5日(土)舎人公園・大池周辺を訪ねました。蒸し暑い曇り空で、人出は今一つでした。
明7日は、早くも立秋ですが、大池周辺は、まだまだ夏景色でした。湖面には、アオサギが、ポツンと一羽立っていましたが、野鳥は、ほとんど見かけず、元気なアイガモたちが餌を求めて、すいすい移動していました。他にチョウトンボ等が命をつなぐため、盛んに飛び交っていました。途中、ボランティア花壇に立ち寄りましたが、熱心な会員の方たちが、入念な手入れをしていました。お蔭できれいな花を観賞することもできました。
水位が低く沖合に立つアオサギ
_r_2
元気なアイガモの群れ 
カルガモも交じるが、識別が難しくなっている
_r_3
湖面上に休むウチワヤンマ
_r_4
メスを待つシオカラトンボ
_r_5
大池の東屋周辺のヨシ原
_r_6
ショウブ田のキカラスウリの花
_r_7
ヤマボウシの実 赤く熟れると食べられる
_r_8
ボランティア花壇
_r_9
ボランティア花壇  グラジオラス他
_r_10
ボランティア花壇 キャンプ場
_r_11


足立区野鳥モニター調査

7月22日(土) 猛暑の中 早朝に調査を行いました。調査の成果は、8種の確認で この時期としては、普通でした。ヒヨドリの元気な姿(餌をねだる若鳥)、毛長川のカルガモが印象に残りました。上を見上げると「美しい秋の雲」、道すがら「歩道分離帯のヤブガラシなどの観察をしながらの調査でした。
清々しい青空
_r_6
今日は何処へ 思案中のハシブトガラス
_r_7
公園の木陰で採餌に勤しむキジバト
_r_8
おいしそうな虫をゲット 何処で食べるか ムクドリ
_r_9
毛長川のカルガモ
_r_10
分離帯のヤブガラシ  あちらこちらで
_r_11
ハツユキカズラも見事
_r_12
ツユクサも木陰で静かに
_r_13
今年も健在 オミナエシ
_r_14
ボケの果実 たわわに実っていた
_r_15


舎人公園・夏景色

7月15日(土) 連日猛暑が続いています。関東では、降水量が極端に少なく、水不足が懸念されます。久しぶりの公園ですが、野鳥は少ないが、大池では水面上をトンボたちが元気に飛び交っていました。ショウジョウトンボ、ウチワヤンマ、チョウトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ等。お目当てのベニイトトンボには、会えませんでした。暑さで人出の少ない中、ボランティアの方々が、熱心に花壇の手入れをしていました。
夏らしい大池の風景
Photo_4
昨年刈り取りしたヨシ  元気に回復
今年もオオヨシキリは、声のみ
Photo_5
大池湖岸のヒメガマ
Photo_6
ショウジョウトンボ ヨシ林で休む
Photo_7
ウチワヤンマ
Photo_8
チョウトンボ
Photo_9
シオカラトンボ
Photo_10
湖岸のダイサギ  久々の出会い
Photo_11
アオサギ 魚を待つ ?
Photo_13
木陰で休む カルガモ、アイガモ
Photo_14
口も開けて休むカラス
Photo_16












舎人公園・定期野鳥調査

6月17日 調査を行いました。梅雨入りして約10日して、降水量は、平年の半分程度、体感気温は、涼しい日が続いています。調査の成果は、ムクドリ、スズメばかりが目立ち、11種の確認にとどまりました。木々の緑は深まり、夏が感じられますが、木陰に入ると風に涼が感じられました。散歩やスポーツ、釣りを楽しむ人々を見かけました。
大池の風景  水位がやや低い
_r_4
野鳥の調査風景  9名で調査
_r_5
仲良しカラスに会いました
_r_6
白化スズメ
_r_7
アイガモのヒナたち  旺盛な繁殖力 今年も健在
_r_8
巣箱の調査
_r_9
元気なヨシ(昨秋刈り取り)
_r_10
ショウブ田周辺風景
_r_11
スモークツリー(面白い) バーベキューサイトで
_r_12
見事なヤマボウシ  駅の東側
_r_13










舎人公園・カイツブリ若

5月23日(火)大池でカイツブリの若を確認しました。久しぶりにうれしい情報です。ただ若が1羽だったのが残念です。ヒナが何羽だったのかは未確認です。4、5年前に3羽を確認したことがあります。公園の雰囲気は、すっかり夏になっています。今年の夏は、一段と猛暑になりそうなので十分注意をして過ごそうと思います。
カイツブリ親子① お腹がすいたよ---
_r
何処かでご飯にしよう
_r_2
しっかり着いておいで
_r_3
相変わらずの繁殖力 アイガモ
_r_4
大池側のショウブ田  チガヤが目立つようになった
_r_5
ショウブ田の水路  キショウブが見られる
_r_6




野鳥モニター調査他

5月16日(火) 愛鳥週間に合わせて、モニター調査を行いました。まずまずの天候でしたが、木々が茂り、野鳥も繁殖期であまり姿を見せません。6種の確認に終わりました。道すがら、民家の庭や空地は、草花が彩りを添えて、気持ち良い調査ではありました。 おまけとして、舎人公園のボランティア花壇が見頃です。写真を紹介します。
オナガ 野鳥との貴重な出会いです
_r
空地のハルジオン
_r_2
民家の赤いバラ
_r_3
民家の白いバラ
_r_4
分離帯のオオムラサキ 周辺道路で多く見かけます
_r_5
ヤブガラシ 分離帯で良く見かけます
_r_6
舎人公園 ショウブ田周辺
_r_7
舎人公園ボランティア花壇 ポピーが見ごろ
_r_8
ボランティア花壇 バラ園 見事に咲いています
_r_9
ボランティア花壇 プリンセス・モナコ
_r_10







舎人公園・風景

お彼岸に入り 公園の風景も春らしくなってきました。
大池の風景 風があり少し波立っていました
_r
ヤナギが目に優しく芽吹いていました
_r_2
コブシの新芽を食べるヒヨドリ
_r_3
アイガモにチョッカイのハシボソガラス
_r_4
注意を受けて頭を下げるハシボソガラス
_r_5
見頃のカンザクラ他
_r_6
ソメイヨシノも膨らみ始めた
_r_7
あちこちでオオイヌノフグリの群生も美しい
_r_8




舎人公園・大池風景

3月4日の大池周辺の風景です。工事のため水位が20~30㎝下げられているためコサギが久しぶりに観察できました。他にアオサギ、ダイサギも飛来していました。環境の変化に敏感に対応するのかと感じられましたが・・・?。
大池の風景
_r_8
大池の水位
_r_9
東屋付近のデッキ
_r_10
アオサギ 時々見かけます
_r_12
ダイサギ たまに飛来します
_r_13
コサギ 久しぶりの対面 足をゆすっていました
_r_14
カワセミ 良く見かけるようになりました
_r_15
湖岸デッキの改修工事
_r_16
改修工事のお知らせ
_r_18






防災フェスタ・舎人公園

3月4日舎人公園で第7回防災フェスタが開催されました。天候に恵まれて、大勢の方が参加されました。ボランティアも協働参加し、炊き出し、非常食配布、簡易おむつ作成・フィットなどの活動を行いました。
開会式
_r
主催者あいさつ 
_r_2
会場風景
_r_3
トネリンも活躍
_r_4
足立区内給水拠点位置図
_r_5
非常食配布 1,000食がすぐに終了
_r_6
簡易オムツ作成・フィット 子供さんに人気
_r_7




クリスマスローズ

今年の1月は、低温で、降水量も少ないため、冬場とはいえ、植物の元気が今一つと感じていました。雨水(2月18日)に入り、野草や花壇の花々が生き生きとしてきました。
元淵江公園のクリスマスローズが咲いてきました。(生物園の北側花壇)
クリスマスローズは、
  英名    hellebore Christmas rose
  性質    耐寒性
  花言葉  追憶、私をわすれないで
         可憐でうつむいた花弁が、日本女性に好かれ、人気の花となっています。
  名前の由来は、英国でクリスマスの頃に咲く花をバラにたとえたと言われています。

元淵江公園のクリスマスローズ(2月22日)
P2220003_r

P2220018_r_2


P2220004_r


P2220005_r


P2220008_r


P2220009_r


P2220010_r


P2220013_r








より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ