最近のトラックバック

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

足立区野鳥モニター調査

9月24日(日) 曇り空の中調査を行いました。成果は、7種の確認でしたが、ツバメ♂1羽に出会いました。この時期にまだいるのかと思いました。植物は、秋たけなわの様子でした。ジャコウアゲハなど昆虫たちも冬越しに勤しんでいました。これから秋も深まり、冬鳥たちが飛来するのが楽しみです。
歩道沿いのウマノスズクサ
ジャコウアゲハ幼虫の食草 珍しい
_r_11
毎年同じ場所で  オミナエシ
_r_12
公園のキンモクセイ 甘い香りが漂っていた
_r_13
民家の庭の見事なハギ
_r_14

足立自然にふれあう会

9月10日(日) 定例観察会(葛西臨海公園)に参加しました。半年ぶりの参加で、旧知の鳥仲間とウォチングを楽しみました。観察成果は、27種でしたが、カイツブリの抱卵、オオヨシキリの若、ツバメなどが印象に残りました。葛西臨海公園は、いろいろな環境を備えているので、鳥の種類も豊富です。まだ、夏鳥から冬鳥への入れ替えが始まったばかりで、これからが楽しみです。たまには、訪ねてみようと思っています。
カイツブリの抱卵 ①
_r_3
カイツブリの抱卵 ②
_r_4
ゴイサギ 若
_r_5
クサシギ
_r_6
アオアシシギ
_r_7
アオアシシギ ②
_r_8
淡水池のアオサギ他
_r_9
参加者 観察風景
_r_10




舎人公園・野鳥の巣箱

9月2日(土) 園内に設置していた野鳥の巣箱を取り外しました。巣箱は、穴の直径を28mm(シジュウカラ用)にセットし11か所設置しました。11か所とも巣箱内に巣材が確認され、繁殖に利用された痕跡を見ることができました。設置するときは、1~2割でも利用されたらと不安な気持ちでしたが、100パーセントとは、驚きです。シジュウカラの世界も住宅難なのでしょう。途中で利用状況も観察しましたが、子供の数など詳細は、不明です。一度7月に取り外しを計画しましたが、まだ、利用していたので中止しました。巣箱の中や外壁にゴキブリやアリ、セミの抜け殻がありました。巣箱の中には、スズメバチの巣(使用中)、イモリが居たのには、驚きました。
シジュウカラの利用状況
_r
巣箱アップ
_r_2
巣箱の中 無精卵がみえる
_r_3
巣箱内のヒメスズメバチの巣
_r_5
スズメバチの巣アップ
_r_6
巣箱内のイモリ
_r_7
セミの抜け殻
_r_8
セミの抜け殻アップ
_r_9




« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ