最近のトラックバック

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

足立区野鳥モニター調査

7月22日(土) 猛暑の中 早朝に調査を行いました。調査の成果は、8種の確認で この時期としては、普通でした。ヒヨドリの元気な姿(餌をねだる若鳥)、毛長川のカルガモが印象に残りました。上を見上げると「美しい秋の雲」、道すがら「歩道分離帯のヤブガラシなどの観察をしながらの調査でした。
清々しい青空
_r_6
今日は何処へ 思案中のハシブトガラス
_r_7
公園の木陰で採餌に勤しむキジバト
_r_8
おいしそうな虫をゲット 何処で食べるか ムクドリ
_r_9
毛長川のカルガモ
_r_10
分離帯のヤブガラシ  あちらこちらで
_r_11
ハツユキカズラも見事
_r_12
ツユクサも木陰で静かに
_r_13
今年も健在 オミナエシ
_r_14
ボケの果実 たわわに実っていた
_r_15


舎人公園・夏景色

7月15日(土) 連日猛暑が続いています。関東では、降水量が極端に少なく、水不足が懸念されます。久しぶりの公園ですが、野鳥は少ないが、大池では水面上をトンボたちが元気に飛び交っていました。ショウジョウトンボ、ウチワヤンマ、チョウトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ等。お目当てのベニイトトンボには、会えませんでした。暑さで人出の少ない中、ボランティアの方々が、熱心に花壇の手入れをしていました。
夏らしい大池の風景
Photo_4
昨年刈り取りしたヨシ  元気に回復
今年もオオヨシキリは、声のみ
Photo_5
大池湖岸のヒメガマ
Photo_6
ショウジョウトンボ ヨシ林で休む
Photo_7
ウチワヤンマ
Photo_8
チョウトンボ
Photo_9
シオカラトンボ
Photo_10
湖岸のダイサギ  久々の出会い
Photo_11
アオサギ 魚を待つ ?
Photo_13
木陰で休む カルガモ、アイガモ
Photo_14
口も開けて休むカラス
Photo_16












« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ