最近のトラックバック

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

足立区野鳥モニター調査

1月22日 野鳥モニター調査をしました。確認した野鳥は、9種でした。少ないが、住宅街の調査ではこれで普通です。ツグミが2か所で、オオバンが毛長川で3羽確認されました。冬晴れの寒い朝 オオバンは、しきりに朝シャンを繰り返していました。結婚が近い?
寒気と南岸低気圧の影響で日本列島に再び大雪が降るとの予想。インフルエンザも流行するようになった。気を付けよう!
ヒヨドリ  元気な声が目立つ季節到来
_r_4
ツグミ 一転物静かな個体 畑で餌さがし
_r_5
オオバン 入浴中
_r_6







舎人公園・ユリカモメ

舎人公園・大池にユリカモメの群れ(約30羽)が飛来して、羽を休めています。これまで(ここ10年ほど)冬季に数羽が確認されていましたが、これほどの群れは、初めてです。
P1070013_r
広くなった水面を飛び交っていました
P1140015_r




井頭公園

お天気に誘われて、久々に井頭公園を訪ねました。随分前にバードウォチングに行ったときは、多くの野鳥と出会ましたが、観察力が落ちたせいか、種数はさっぱりでした。しかし、落葉樹の広い公園で、池や水辺環境もあり、訪問者も少なく、楽しく一日を過ごしました。特に部厚く積もった落ち葉の上をサクサクと鳴らして歩くのは、気持ち良かった。冬季に訪ねるのが好きな公園です。見られた鳥は少なかったが、アオジの数羽の群れ、エナガの昆群、ツグミに、シロハラ、モズなど楽しみました。
落葉樹林の風景
_r
アオジ すぐ近くまで
_r_2
シロハラ 低木の下で採餌  よく見かける
_r_3
ツグミも木陰で
_r_4
オナガガモ・ヒドリガモ 以前はもっと種数が多かったが
_r_5













今日は小寒

今日 1月6日は、24節季の小寒 暦の上では、これから立春までの1カ月は、1年で一番寒い時期にあたります。気象予報では、今冬は、エルニーニョ現象の影響で暖冬とか。テレビでは、今期はインフルエンザの流行が後れていると報道されていました。いっそのこと流行らないで欲しい。散歩中、道路沿いにツルニチニチソウが開花していました。急激な気象変化は、老体にこたえます。異常気象、温暖化等良く耳にしますが、穏やかな年であってほしいものです。
歩道沿いに咲いていたツルニチニチソウ
_r



« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ