最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

アイガモ・白化個体? 削除

6月23日表題記事は、拙速でした。削除しました。

舎人公園・定期野鳥調査

6月13日(土) 2カ月に一度の野鳥調査を行いました。成果は、15種でした。個体数では、シロツメグサの原っぱで、子育て中のムクドリが、圧倒的に目立ちました。
アイガモは、野鳥ではないとのことで、調査対象にしていませんが、大池では、カルガモの子多数を凌ぐ勢いで増加しています。数年前にアヒル♂一羽を確認してからの状況ですか、飛躍的に増えているといってもよいでしょう。調査終了後の打ち合わせで、アイガモやドバトは、野鳥として扱われていないので、調査対象種にされていないが、環境の変化の面からみると重要ではないか。調査(個体数など)は、難しいが、方法を決めて継続すると面白いのでは等話題になりました。
子育て中のムクドリ 一対一が目立ちました
_r
カルガモ親子 お母さんに見守られて
_r_2
アイガモ親子 生まれたばかり 何組かいました
_r_3
チョウトンボ 大池で出始めました
_r_4
ヤマモモ 赤い果実が目を引く
_r_5

奥日光・ワタスゲ

梅雨入り直前、戦場ヶ原の夏の風物詩 白い綿毛のワタスゲを見に奥日光へドライブ ズミの花はほとんど終わりかけていましたが、ワタスゲは期待通りでした。カッコウ、ホトトギスやウグイスの声を聞きながら、木道と自然研究道を歩きました。道々初夏の花が咲き、今年生まれの野鳥を見聞きして楽しいウォーキングでした。
戦場ヶ原のワタスゲと太郎山
_r
ワタスゲ・アップ
_r_2
木道沿いのウマノアシガタ
_r_3
エンレイソウ 花をつけていました
_r_4
ギンリョウソウ 道沿いに点在して生育していました
_r_5
ギンリョウソウ・アップ
_r_6
ツマトリソウ  見頃でした
_r_7
二輪咲きツマトリソウ
_r_8
マイズルソウ
_r_10
マイズルソウ 花アップ
_r_11
ズミと太郎山
_r_12
ズミの花・アップ
_r_13
ミヤマウグイスカグラ
_r_14
ニューナイスズメ 湯川沿いに若鳥が数いました
_r_16
ノビタキ♂ 近くに♀もいて飛び交っていた
_r_17



























« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ