最近のトラックバック

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

舎人公園花壇ほか

今日2月26日は、一気に冬に逆戻りして寒くなりました。冬の間も熱心なボランティアの活動により、花壇や周りもきれいに整備が進んでいます。
自宅近くの元淵江公園では、クリスマスローズが植えられています。蕾が膨らんできて近く咲きそうな雰囲気です。静かな花ですが、株数がまとまっており、好きな方は、一見の価値あり。
舎人公園花壇①
_r
舎人公園花壇②
_r_2
舎人公園花壇③
_r_3
中央花壇
_r_4
熱心なボランティア手作り腐葉土ヤード 立派 ! 感謝 !
_r_5
元淵江公園のクリスマスローズ花壇
_r_6
クリスマスローズ蕾 ① 一番早い
_r_7
クリスマスローズ蕾 ②
_r_8







早春・野鳥アラカルト

雨水(2月19日)を過ぎて日々春らしくなってきます。冬鳥の北帰行が始まる時期を迎え、霞ヶ浦にオオヒシクイを訪ねました。今年の飛来数は、観察開始以来の記録を更新し続けているようです。正確にはカウントできませんでしたが、百数十羽を数えました。
途中、霞ヶ浦の湖岸堤で日向ぼっこのオナガガモ、利根川でカモたちの昆群にも会いました。
霞ヶ浦稲波干拓のオオヒシクイの郷
_r
農道で採餌中のオオヒシクイ
_r_2
稲の切り株を食べるオオヒシクイ
_r_3
霞ヶ浦湖岸堤で日向ぼっこのオナガガモの群れ
_r_4
利根川のカモたちの昆群
_r_5
餌の捕ったジョウビタキ(舎人公園)
_r_6
尾っぽを回しながら何かを探すモズ(舎人公園)
_r_7
一段と声高になったスズメたち(舎人公園)
_r_8







舎人公園・野鳥調査

2月14日(土)二カ月に一度の野鳥調査を行いました。やや気温は低いが、この時期としては好天に恵まれた調査でした。確認種数は、24種、大池でカワセミの飛翔が久しぶりに確認された他は平凡な記録でした。2月も中旬となり、木々や草花の芽吹きが見られて、春がそこまで来ていると感じられる調査でした。
日向ぼっこのカワラヒワ
_r
ラクウショウの花を食べるヒヨドリ
_r_2
メジロ 冬はこれがいないと寂しいとの声 終わり際に
_r_3
ツグミ何か御馳走にありついているよう しばらく同じ場所
_r_4
サクラ 花がついていました
_r_5
紅梅 こちらは八分咲き
_r_6
白梅 こちらも負けじと
_r_7
コブシ 春の知らせ
_r_8
大池の風景 カモたちは北帰行の準備中
_r_9
タシギ 2月6日大池でFさんが撮影 右はカルガモ
201526_r










舎人公園ボランティア

気温は低いが、立春を過ぎ日差しを受けると暖かく感じられる時期になりました。花壇づくりボランティア活動も人数が多くなりつつあります。今の花壇は、雑草も少なくそれなりにきれいに見えますが、これからは雑草との戦いになります。ボランティアの方々は、心得ていて余念がありません。花壇の周りには、オオイヌノフグリなどが咲き始め、大池では、カモたちがペアを組んで、北帰行の準備をしているようです。
ボランティア花壇風景
_r
ポツポツと先は始めたオオイヌノフグリ
_r_2
ホトケノザも少ないが探して ひっそりと咲いていた
_r_3
ナズナ 芽が出て間もない
_r_4
ヒドリガモ ♂・♀
_r_5
オナガガモ ♂・♀
_r_6
ハシビロガモ 久しぶりに確認
_r_7
草地で採餌のツグミ  よく見られる時期になった
_r_8











奥日光風景

2月上旬は、雪が一番多い時期で湯元温泉では、「かまくら」や「氷の彫刻」展が行われています。いつものウォーキングコースをスノーシューなしで散歩してきました。木道の上に1mほどの積雪がありましたが、薄く新雪が積もり歩きやすかったです。東北道が渋滞で到着時間が遅くなり、お目当ての野鳥たちはほとんど姿がなし、たまにヒガラと湯川のカワガラスが目を引きました。風もなく人影もまばらで、静かな雪原の雰囲気を楽しむことができました。
男体山と女峰連峰
Photo
戦場ヶ原から男体山
Photo_2
白樺林と男体山
Photo_3
戦場ヶ原と太郎山
Photo_4
白根山頂
Photo_5
静かな流れ・湯川
Photo_6
積雪てんこ盛りの木道
Photo_7
小田代ケ原
Photo_8
かちん・かちんのズミの実
Photo_9


« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ