最近のトラックバック

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

平成26年大晦日・花壇風景

H26年も残すとこ12時間を切りました。本年は、2月の関東の大雪、西日本の豪雨、御嶽山の噴火など自然災害が多く、強く印象に残っています。我が共同住宅では、東京都公園協会と足立区役所から支援をいただいて花壇づくりに勤しみました。今は、草花のシーズンオフですが、パンジーなど冬の花が、それなりに彩りを添えています。舎人公園のボランティア花壇は、年末でもあり、訪れる人も少なく静寂な景色となっています。
駐車場側の花壇
_r
セネッティー(新品種)などアップ
_r_2
ポケットパーク・プランター花壇
_r_3
クリスマスローズなどアップ
_r_4
集会室側花壇
_r_5
パンジー 黄 ありふれているが冬は頼りになる
_r_6
パンジー 青 手入れして春には大きく育てたい
_r_7
玄関・葉ボタン他
_r_8
舎人公園・ボランティア花壇 静かな佇まい

熱心なボランティアにより手入れた花壇
_r_10
ボランティア花壇の一画に眠るお菊虫
_r_11





























舎人公園・野鳥調査

  • 12月13日 小春日和を思わせる陽気の中で、2カ月に一度の野鳥調査を行いました。成果は、上空を飛翔するオオタカを含め23種を確認しました。
    大池の風景
    オナガガモ、ヒドリガモが少し増えて冬らしくなる
    ユリカモメ一羽が飛来
    _r
    ラクウショウ(落羽松) 和名沼杉 水辺に近いところでは
    気根が見られた。 真っ直ぐに伸びた幹の間から木漏れ日
    が入り、日光に映える赤褐色の落ち葉が気持ち良い
    Photo
    カモたちの中に一羽のユリカモメ
    _r_2
    飛来間もないツグミ 運よくフェンスに
    _r_3
    カワラヒワ休息中 群れで秋楡など木の実を食べていた
    _r_4
    コブシの芽 来春一番の芽をつけていた
    _r_5








霞ヶ浦・オオヒシクイ

12月6日 霞ヶ浦・稲波干拓のオオヒシクイを訪ねました。今年の飛来数(6日現在)は、112羽が写真撮影により確認されていました。昨年までは、70羽前後で推移していましたので大幅な増加になります。数の増えたのは嬉しいですが、休息場所が遥か遠くの田んぼとなり、詳細を見ることができないのが残念です。保護観察のスタッフも増員し、鳥獣保護区にも指定されて、保護に力を入れている様子が覗えました。(カモたちが多数飛来していた)
稲波干拓 遥か遠方で休息中
スコープでやっと観察できた
_r
保護区に指定の看板
_r_2
オオヒシクイ米のPR看板 
Pr_r
近くでカンムリカイツブリ4羽が採餌中
_r_3
近くでノイバラの実が季節を知らせていた
_r_4



« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ