最近のトラックバック

« 奥日光 | トップページ | 舎人公園・定期野鳥調査 »

舎人公園・アイガモ観察記

大池に数年前からマガモを原種とするアヒルの♂(1羽)が見られるようになりました。今年は、アイガモ誕生が、3月、4月、5月つ続いています。アイガモの雌雄の識別が自分ではできないが、誕生しているアイガモの父親は、アヒルの♂(1羽)のように思われます。初めは3月ごろに生まれ凡そ2か月半で成鳥と変わらぬ大きさになります。
昨年春にもアイガモが誕生していましたが、気にせずにいました。繁殖の時期が何時ごろなのか等見ていきたいと思います。
なお、カルガモの繁殖も盛んに行われています。幼鳥を20羽連れた家族、幼鳥が1羽の寂しげなファミリー等色々ありますが、別の機会に紹介します。(アイガモ・カルガモの幼鳥ラッシュで、これを見入る人々も多く微笑ましい光景があります。)
3月29日の幼鳥(2014年3月中頃誕生)
Photo
4月27日の若鳥(産毛が残る)
Photo_2
5月8日の若鳥(すっかり若ものらしく)
Photo_4
6月4日のほぼ成鳥(奥は親のアヒル)
Photo_5
6月4日アイガモ農法を彷彿させる水草採餌
Photo_6
父親のアヒル・アップ(5月8日)
Photo_7
アヒル(♂)とアイガモ(♀)(5月12日)
Photo_8
2013年5月20日のアイガモ(♀親はカルガモ)
Photo_9
マガモ♂・♀(奥日光湯川にて) 参考1
Photo_10
マガモ♀と幼鳥(奥日光湯川にて) 参考2
Photo_11

« 奥日光 | トップページ | 舎人公園・定期野鳥調査 »

「趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165056/56416372

この記事へのトラックバック一覧です: 舎人公園・アイガモ観察記:

« 奥日光 | トップページ | 舎人公園・定期野鳥調査 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ