最近のトラックバック

« 仲秋の景色 | トップページ | 足立区野鳥モニター調査 »

さわやか散歩・朝顔

猛暑が去って、さわやかな朝の散歩 朝顔が目を楽しませすがすがしい気持ちになります。文献によれば、朝顔は元々遣唐使が薬用に持ち帰ったのがはじまりで、江戸時代に朝顔の園芸ブームが起こり、多種・多様の品種がつくられたとのこと。明治時代に入谷の朝顔市が始まり、下町の夏の風物詩として定着した。
 一方、歌詞分野で万葉集の山上憶良の「秋の七草の歌」に「朝貌」が含まれている。この朝貌は、朝顔、ムクゲ、キキョウ、ヒルガオなど諸説があるが、キキョウが最も有力とある。
俳句の世界でも朝顔は、秋の季語とされている。
 現代は、小学校低学年で、朝顔を通じて植物について学習する最も身近な植物の一つである。
朝顔(赤) 地面を這わせるのも面白い
Photo
朝顔(青)
Photo_2
朝顔(白)
Photo_3
ヒガンバナ 
Photo_4

« 仲秋の景色 | トップページ | 足立区野鳥モニター調査 »

「趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165056/53363768

この記事へのトラックバック一覧です: さわやか散歩・朝顔:

« 仲秋の景色 | トップページ | 足立区野鳥モニター調査 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ