最近のトラックバック

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

湯の丸・池の平の花

足をのばして池の平周辺を散策 湿原の木道沿いでは、イワカガミ、ハクサンチドリ、開花前のアヤメなどが、三方ケ峰周辺では、コマクサ、コケモモ、クロマメノキ等花いっぱい。出会ったレンジャーの情報では、「今は50種以上が開花、2週間ほどで花情報が変わるので・・・・・」何時かまた訪ねたい気持ちになった。
ツマトリソウ1
Photo_13
ツマトリソウ2
Photo_14
ゴゼンタチバナ群生
Photo_15
ゴゼンタチバナ
Photo_16
アマドコロ
Photo_17
イワカガミ
Photo_18
クロマメノキ
Photo_19
コケモモ
Photo_20
グンナイフウロ
Photo_21
コマクサ
Photo_22
サラサドウダン
Photo_23
スズラン
Photo_24
ハクサンチドリ
Photo_25
ハクサンフウロ
Photo_26
マイズルソウ
Photo_27
ミネヤナギ
Photo_28
開花前のカラマツソウ
Photo_29

湯の丸・レンゲツツジ

ラジオ情報「レンゲツツジが見ごろ」に誘われて、湯の丸山周辺に出かけました。生憎の天候で、眺望はきかなかったが、それなりに風情を楽しむことができました。
レンゲツツジの群生
Photo
生憎の眺望
Photo_2
カラマツ林内に点在するレンゲツツジ
Photo_3
レンゲツツジ・アップ
Photo_4
上昇気流に覆われる高原
Photo_5
霞の池の平湿原
Photo_6
晴れた湿原
Photo_7
アヤメ 花は希少  やがて湿原を彩る
Photo_8
シャクナゲ 間もなく林縁を彩る
Photo_9 
奇跡の一本カラマツ 倒れてもなお
Photo_10
ホオジロ 囀っていた
Photo_11
何蜘蛛か 米粒より小さいがよく動く
Photo_12

舎人公園・梅雨の晴れ間

今日は、天気予報が外れて、さわやかな梅雨の晴れ間がのぞきました。虫たちが好む天候となったので、花壇ボランティアの帰りに公園の大池を除いてみました。トンボやイトトンボが発生していました。ショウジョウトンボ、ベニイトトンボを確認したのが収穫でした。(写真はボケボケ)
大池のさわやかな風景
Photo
チョウトンボ
Photo_2
イトトンボ
Photo_3
スイレン 初めは色白 
Photo_4
バッタの赤ちゃん
Photo_5
ヒメガマ 花粉は因幡の白兎 伝説で傷薬
Photo_6
カイツブリ 今年は繁殖を確認できなかった
Photo_7
ボランティア花壇 雑草取りが大変
Photo_8
セイヨウフウチョウソウが咲き始め
Photo_9
ラベンダーの間で戯れるモンシロチョウ
Photo_10
ベニシジミ
Photo_11

舎人公園・定期野鳥調査

6月8日(第二土曜日)、2ヶ月に1度の定期野鳥調査を行いました。
結果は、16種、224個体を確認しました。木森が茂り、野鳥の少ない時期としては、まずまず成果と思っています。印象に残った事としては、調査コースを通じて、ムクドリが目立った(102個体)、大池の上空をコアジサシ2羽が飛翔、ホバリング繰り返していたこと、久しぶりにアオサギ1羽を確認したことがあげられます。(5月に確認した合鴨らしい鳥は不明でした。)
バンの若 額板は赤くなっていない
Photo
ツバメ 隣接民家の子育て(雛は1羽)
Photo_2
大池のスイレン アヒルは見たが合鴨は不明
Photo_3
エンジュの洞 シジュウカラが子育てに使用
Photo_4
タイサンボク(泰山木)花 見ごたえあり
Photo_5
イスノキの虫こぶ 賑やか
Photo_6
ボランティア花壇のカンパニュラ他
Photo_7
花壇で日向ぼっこのカナヘビ
Photo_8

奥日光・続き

昨夜は、サッカーW杯テレビ観戦で奥日光の情報が途中までとなったので、続きを添付します。(木道の改修工事中・・・感謝、深謝)
ツマトリソウ まだ少ないが咲いてきました
Photo
ギンリョウソウ 路沿いに一ヵ所
Photo_2
テンナンショウ属
Photo_3
ズミの花アップ
Photo_4
ミヤマウグイスカグラ 戦場ヶ原で良く見る
Photo_5
コゲラの巣造り
Photo_6
ニュウナイスズメの借り巣 成鳥が出現
Photo_7
カッコウ 羽の恰好でそれと分かる
Photo_8
キセキレイ 頭隠して・・・・・
Photo_9
ハルゼミ 森中に鳴き声が響く
Photo_10
湯川とズミ 好きな風景のひとつ
Photo_11
男体山をバックに貴婦人
Photo_12

奥日光・オオジシギ

ズミの花に合わせて戦場ヶ原に出かけました。今日は、オオジシギに出会えて最高についていました。毎年、羽音と鳴き声は聞いていましたが、姿は初めてでした。カッコウ、ホトトギス、ツツドリ、キビタキなどの他に常連の野鳥の声を聴きながらいつものコースを散策。路沿いにはツマトリソウやギンリョウソウなど野草を楽しむことができました。野草の花の種類はまだ少ないが、これから夏にかけて沢山の花が咲き、楽しい季節がやってきます。

今夜は、ヒヤヒヤながら、サッカーのW杯出場が決まり一安心。
ズミと白根山遠望
Photo
ズミの花アップ
Photo_2
オオジシギ 戦場ヶ原のカラマツに!
Photo_3
隣の立派なカメラマンの画像をコピー
Photo_4
ハルゼミの抜け殻
Photo_5
ハルゼミの成虫 撮影後ミズナラの幹を登る
Photo_6
ウマノアシガタ 黄色が目立ちました
Photo_7
ミヤマカタバミ 林床でひっそりと
Photo_8
ヒメイチゲ 花の時期は過ぎていた
Photo_9
マイズルソウ これからヒメイチゲに代わり
Photo_10
リンドウ属
Photo_11
ミズナラ林 新緑がまぶしい 
Photo_12
戦場ヶ原 ワタスゲが咲き始めていた
Photo_13
小田代ケ原・貴婦人
Photo_14

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ