最近のトラックバック

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

舎人公園・ヒメアカタテハ

早いもので明日は2月1日、1月は全体に寒かったが、「みそか」となって、快晴、穏やかな暖かい日和となった。ボランティア花壇では、ヒメアカタテハ(個体によっては成虫越冬する)が、気持ちよさそうに日光浴をしていた。大池では、久しぶりにユリカモメの群れ(12羽まで確認)と出会うことができた。(今季初)ハシビロガモも気持ちよさそうに水面をスイスイと走っていた。立春が近いが、再び寒さが戻りそう。
ヒメアカタテハ
Photo
ボランティア花壇全景
Photo_2
鯉の餌場の水鳥たち
Photo_3
ハシビロガモ スイスイ
Photo_4
ユリカモメの群れ
Photo_5
ユリカモメの足色に注目
Photo_6
バン 額板に注目
Photo_7
ジョウビタキ
Photo_8
カラスたちの日向ぼっこ・水浴び
Photo_9

野鳥モニター調査

1月26日(土) 快晴 厳しい冷え込みの中 野鳥調査を行いました。結果は、11種を確認 10種を超えたのでまずまずの成果。スズメの群れ、ヒヨドリの群れ・鳴き声の目立つ調査でした。ワカケホンセイインコが、大声で鳴きながら突然現れ、すぐに飛び去りました。モニター調査で初めて確認しました。
ツグミ まだ単独行動のようでした
Photo_4
ヒヨドリ 10羽の群れも確認
Photo_5
ハクセキレイとスズメ 競いながら採餌
Photo_6
ワカケホンセイインコ  不鮮明だが
Photo_7
ロウバイ  いよいよ花の季節がはじまる
Photo_8
残雪 1月14日の大雪を物語る
Photo_9
路面上の結氷 寒い中の調査でした
Photo_10
快晴で国道4号線の歩道橋からくっきりと
Photo_11

東京都公園協会・スキルアップ研修

1月25日 和田堀公園内にある杉並区立郷土博物館において、都立公園で活動するボランティアを対象に「屋敷林の観察会」、「日本の植物学の歴史・座学」をテーマに研修会があり、参加しました。屋敷林観察会では、地元ボランティアの案内により、「貴重な屋敷林をどう残し、活用していくか」などの意見交換を行い、午後は、東京大学名誉教授の大場秀章先生による講座がありました。日本の植物学は江戸時代初期ごろから、海外にそん色ないほど発展し、それぞれの時代に貢献した学者とその功績の紹介がありましたが、徳川吉宗が植物学や医学の発展にも大いなる貢献をした下りが印象に残りました。普段接することが無くなった貴重な経験で、機会があればまた参加したいと思っています。
杉並区立郷土博物館
Photo
地元ボランティア案内観察風景
Photo_2
屋敷林観察風景
Photo_3

舎人公園・雪景色

1月14日15年ぶりの大雪 今日17日も残雪があり、東京では珍しい雪景色を見ることができました。
公園の雪景色1
Photo
公園の雪景色2
Photo_2
大池の風景
Photo_3
氷の解けた水面に集まる水鳥たち
Photo_4
氷上のハシビロガモ
Photo_5
ボランティア花壇・雪景色
Photo_6

奥日光冬景色

休日、好天の今日 戦場ヶ原周辺を訪ねました。午前中は、雲の無い真っ青な空と真っ白な雪原に挟まれた山々 奥日光ならではの景色を楽しむことができました。動物は、糞や足跡などのフィードサイン、野鳥では、種数は少ないが、湯川でキンクロハジロ、マガモを ズミやミズナラの林でカラ類、キツツキ、ゴジュウカラなど、何といってもキレンジャクの群れ(+10羽)に出会ったのはラッキーでした。スノウシューを履いて散策をする人にも会いましたが、静かな雪原、ミズナラ・カラマツ林など奥日光の雰囲気を楽しむことができました。
朝日を浴びて神々しい男体山
Photo
戦場ヶ原 奥は太郎山他
Photo_2
小田代ケ原 奥に、小さく貴婦人(シラカバ)
Photo_3
雪に抱かれる白根山の遠望
Photo_4
雪をかぶる散策用の自然研究路木道
Photo_5
キレンジャク(ズミの乾燥果を食べていた)
Photo_6
雪上で水分補給?( 降りたり、上がったり)
Photo_7
キレンジャクのいたズミの木(奥は男体山)
Photo_8

井頭公園・探鳥

厳しい冷え込みの中 井頭公園(栃木県)へ今年最初の探鳥に出かけました。ベニマシコ、ルリビタキ、エナガの群れ、カケスなどに出会ってまずまずのスタート。池では、コガモやヒドリガモなどが羽を休めていました。各種スポーツ・レクリェーション施設を備えた面積約90haの県営の都市公園ですが、コナラ・クヌギ、アラカシ・シラカシなどが茂る広い林のある自然豊かな公園でBWにも好適でした。
シロハラ
Photo
エナガ
Photo_2
ヤマガラ
Photo_3
シジュウカラ
Photo_4
誰?
Photo_6
木漏れ日とふかふかの落ち葉
Photo_7
スズメバチの巣
Photo_8

賀正・神田かいわい散歩

あけましておめでとうございます。元旦は、地元の氷川神社に初詣。2日は、暮れから正月の過食と運動不足を解消するため神田界隈を散歩しました。江戸時代は「江戸の総鎮守」といわれ、今は東京都心の町々の守り神「神田明神」に初めてお参りしました。神田界隈は、書店やスポーツ用具店が多く若者の街らしく活気に満ち溢れていました。
神田明神・・大勢の人出で賑う
Photo
「御茶ノ水」の地名由来の碑
Photo_2
聖橋と丸ノ内線・中央線
Photo_3
聖橋から神田川
Photo_4
聖橋・遠望
Photo_5
昌平橋 神田川水面にはユリカモメが・・
Photo_6
漱石碑  吾輩は・・・
Photo_7
漱石も学んだ御茶ノ水小(旧錦華小)
Photo_8

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ