最近のトラックバック

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

共同住宅 納涼大会

7月29日 恒例となった納涼大会を開催 今年は、近隣に加えて遠方からの子供たちの参加があり、一層盛り上がったイベントとなった。
今後も毎年続けることが確認された。
大会風景
Resize0027
鉄板・網焼きetc
Resize0026
焼きおにぎりとマシュマロ焼きが人気
Resize0025
スイカ割 幼い子供にも人気 親は大変
Resize0023
暗くなっての花火も人気
Resize0030
花火見物
Resize0028
後片付けも楽しく 皆さんで
Resize0024

野鳥モニター調査

7月28日 猛暑の中調査を実施しました。7種、41個体の確認 と予想通り乏しい結果でした。
今年生まれのムクドリ
Photo
餌を確保した親鳥
Photo_2
木陰で休むヒヨドリ
Photo_3
ドバトの吸水  次はムクドリ?
Photo_4
早朝民家フェンスのヤブガラシ 蝶が好き?
Photo_5
きれいに咲いた ヘクソカズラ
Photo_6

舎人公園・ヘビウリ他

ボランティア花壇で「ヘビウリ」を見ることができます。果実は、名前のとおり「蛇」連想させますが、花はカラスウリに似た美しい花です。
熱中症に気を付けながら、ボランティア活動を続けています。
ヘビウリ1
Photo
ヘビウリ2
Photo_3
ヘビウリ3
Photo_4
ヘビウリ雄花
Photo_5
ボランティア花壇
Photo_7
大池のスイレン・ハゴロモモ
Photo_8
おまけ 共同住宅花壇のカサブランカ
Photo_9



奥日光の梅雨明け直前 2

7月17日にUPした記事の追加写真を紹介します。いろいろな花の中でも白色の花々が目を引きました。あれから一週間が経っていますので、現在は、夏の花でもっと賑やかになっていることでしょう。
なお、17日に「ホオジロ」と紹介した野鳥は、「ホオアカ」でした。失礼しました。
イブキトラノオ
Photo_10
イブキトラノオ・アップ1
Photo_11
イブキトラノオ・アップ2
2_2
バイカウツギ?
Photo_12
サギスゲ
Photo_13
カラマツソウ
Photo_14
ニッコウキスゲと男体山
Photo_15
ウツボグサ
Photo_16
アヤメ
Photo_17
イチモンジチョウの集団吸水
Photo_18

奥日光・梅雨明け直前

九州の豪雨、関東猛暑のあと 17日に梅雨明け宣言 16日戦場ヶ原を散策しました。時期的にワタスゲ、ズミの花が終わり、まだ夏の花には早いかと思いきや野草や野鳥を十分楽しむことができました。カッコウ等鳥の声を聞きながら、色々な草花に出会い、野鳥もカッコウの成鳥、幼鳥にアカゲラのペア、戦場ヶ原のシンボル、ノビタキなどに会いました。
戦場ヶ原 ワタスゲ、サギスゲが僅かに残る
F
小田代ヶ原 大雨で一部湛水
F_2
ホザキシモツケとイチモンジチョウ
F_3
ホザキシモツケとハナバチ
F_4
ミヤマウグイスカグラ ルートに点々とありました
F_5
ノイバラ 色々な白色の花が目立ちました
F_6
ズミの果実
F_7
ヤマオダマキ 花のベストシーズン
F_8
ショウキラン  花のピークは過ぎていた
F_9
ヤグルマソウ
F_10
キツリフネソウ
F_11
ミズチドリ
F_12
テガタチドリ
F_13
マイズルソウ果実
F_14
ノアザミとカラスアゲハ
F_15
ホオジロ 野鳥写真はこれ一枚
F_16

舎人公園他

前線の北上に伴い、高温・多湿の気象条件となったせいか、公園の大池では、ギンヤンマ、コシアキトンボ、アカトンボ、シオカラトンボなどが発生し岸辺を飛び回っています。ボランティア花壇では、スベリヒユが色とりどりの花を付けましたが、雑草も大繁茂となっています。
公園近くのツバメの巣では、5羽の雛が1羽に減りました。(落下したそうです)残念!!
大池のチョウトンボ
F
スベリヒユ  食べられるそうですが
F_2
スベリヒユ・アップ  赤・黄
F_3
スベリヒユ・アップ  橙・白
F_4
花壇センター
F_5
草取りも大変
F_6
ツバメの巣  雛が1羽に減
F_7
おまけ ノシメトンボ(共同住宅花壇にて)
F_8
ノシメトンボ顔
F_9
おまけ 夏季防犯・防火パトロールを始めました
F_10

周辺散歩風景など

さわやかな好天に誘われて、近くの公園等を散歩しました。梅雨の終わりが近いかのように
アジサイやタチアオイが咲いていました。一方、秋の季語とされているオミナエシ、ヤブガラシ、エノコログサなどの花が見られました。最近は、季節を待たずに咲く野草が多くなったのではと感じています。
今夏の気温はどうなるのか?東京電力は、計画停電は原則しないで、15%の節電で乗り切れるとされている。暑がりの自分には助かるが、省エネ、温暖化などの取り組み等は、一過性で良いものかと、余計な心配であればよいが。
アジサイ 漢字では何故か紫陽花
F
アジサイの蕚の裏側
F_2
アジサイの花アップ
F_3
タチアオイ 天上の花が咲くと梅雨明けとか あと一歩
F_4
オミナエシ
F_5
オミナエシの花アップ
F_6
ヤブガラシ 花の蜜が多く虫が好む 
F_7
エノコログサ イネ科の野草が目立つようになった
F_8
ワルナスビ 歩道の分離帯などで良く見られる
F_9
携帯電灯 昨年25%の節電した区役所の賞品
F_10




舎人公園・半夏生

7月1日は、24節気の半夏生 梅雨を利用した田植えの終期とされていた。最近、関東では、5月の大型連休の頃が田植えの最盛期となり、様子が変わってきた。今年の6月は、好天が多く少雨かと思いきや一か月の降水量は185㎜で、平年の168㎜よりやや多くなっている。
梅雨明けまで、後二週間ほど、今後の雨が気になっています。
ボランティア花壇では、半夏生が花を付け、ヒマワリ等の夏の花が咲いてきました。大池では、バンの今年2度目?の子育てが、近くの民家でもツバメが2度目の子育てをしています。
花を付けたハンゲショウ
F
咲き始めたヒマワリ
F_2
大輪ダリアもぼちぼち
F_3
クチナシの花  白色が美しい
F_4
ヘビウリ 花の形が面白い 大きな実になるとか
F_5
ツバメの給餌
F_6
巣のある民家側の電線に集結(17羽いた)したツバメ
F_7
バンの子育て 
F_8
バンの給餌
F_9
おまけ 自宅プランターの落花生の花
F_10


« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ