最近のトラックバック

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

カリブラコエの越年

今週末は立春 昨年園芸店で一年草として扱っていたカリブラコエが、多年草の性質を持つものもあるとかで、我が家のそれも先日の雪にも拘わらず元気に生育している。昨年は、長期にわたり沢山の花をつけたので、今春以降が楽しみ。
シンビジュームも順調に育ち開花すること間違いなし。
越年している鉢植えのカリブラコエ
F
シンビジューム
F_2
シンビジューム花アップ
F_3
芽吹いてきた庭のユキヤナギ
F_4

野鳥モニター調査(1月分)

1月27日 今冬最も低い気温 都心の最低気温-0.6℃とか。そうとう寒いが冬らしい成果を得るため敢えて調査を実施した。11種を確認まずまずの成果と思う。今季出会いの少なかったツグミを確認出来て良かった。調査の終わるころは、日差しを受けて幾分暖かくなった。
仲良く日向ぼっこのスズメ
F
こちらも日向ぼっこのキジバト
F_2
毛長川で採餌中のキンクロハジロ
F_3
日陰に残る24日に降った雪(ブロッコリー畑)
F_4
咲き始めた公園の梅
F_5

東京・積雪

1月23日夜半から雷鳴を伴う降雪があり、6年ぶりに都心でも4㎝の積雪が記録された。
我が家の庭も雪がつもり、久しぶりに雪見を楽しむことができた。
雪をかぶり寒そうなスイセン
F_2
花を閉じたノースポール
F_3
ヤマボウシかかるツララ
F_4
赤色が鮮やかなセンリョウ
F_5
雪の重みで傾いたナンテン
F_6
元淵江公園のハクセキレイ
F_7
元淵江公園のカルガモ
F_8

東京都公園協会・研修

1月23日日比谷公園・緑と水の市民カレッジに於いて「プラントハンターの活躍と日本の植物学」及び「分かりやすいガイドのコツ」について、O先生及びS氏を講師に招いて、研修がありました。内容は、am10~pm4の間、「産業革命以降のプラントハンターの活躍の歴史と日本の植物学とのかかわり等」及び「分かりやすい話(発声)の仕方」でした。30団体程の参加でした。
日比谷公園・緑と水の市民カレッジ付近
F

庭の景色・大寒

明21日は大寒 本格的に寒い日が続いていますが、暦の上では、だんだんと暖かい方に向かう。庭の草花は、開花を楽しませてくれるものもあるが、春に備えて、剪定、施肥等の管理が重要な時期となってきた。
シンビジューム 念願の花が見られそう
F
スイセン 見頃を迎えている
F_2
ノースポール 2年目も花を付けてくれた
F_3
シロタエギク 静かに存在を主張
F_4
長寿梅 片隅で咲きつつある
F_5
バラ赤 越年しても咲いているが、そろそろ剪定時期
F_6
バラ黄 剪定するのは惜しいなー
F_7


舎人公園・鷹ほか

舎人公園バードサンクチュアリでオオタカを確認しました。
オオタカ
F
撒き餌に集まるカモたち
F_2
ボランティア花壇の冬景色
F_3

新年・奥日光

今年最初の奥日光 思っていたより少ない雪、積雪を楽しむ人は多かった。木道や林間コースを散策して、雪の感触を楽しみました。動物には会えなかったが、野鳥はアカゲラ、コゲラ、コガラにエナガ等 他に色々と声を聴いたが種は不明。厳しい餌環境でも山に残って生活している。小田代ヶ原の水位はほとんど退いていた。(小田代のトイレは、施錠されて使用不能)
明智平からの男体山
F
中禅寺湖岸から奥日光方面
F_2
戦場ヶ原の木道・さらさら雪で歩きやすい
F_3
戦場ヶ原の向こうに太郎山
F_4
戦場ヶ原に残る足跡
F_5
湯川支川に架かる丸太橋の足跡
F_6
カンボクの実 いつまで残るのか?
F_7
雪に覆われた小田代ヶ原
F_8
貴婦人
F_9
カラマツ林のクロカンコース 靴でも歩きやすい
F_10
氷と雪に覆われた湯ノ湖と男体山
F_12
湯ノ湖で遊ぶ水鳥たち(オオバンが多い)
F_13

ヒドリガモ七態

舎人公園の大池でヒドリガモの色々な様子を観察しました。
陸に上がって群れで採餌中
F
♂♀採餌中
F_2
♂採餌中
F_3
♀採餌中
F_4
♂の横顔
F_5
水上デート?
F_6
並んで休息中
F_7

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ