最近のトラックバック

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

奥日光・オオワシ

11月30日 低公害バス(赤沼~千手ヶ浜)の運行最終日(今シーズン)に合わせて奥日光に出かけました。まずバスに乗り千手ヶ浜に着いたところでオオワシを発見、幸先の良い散歩となりました。小春日和の陽気に恵まれて、小田代ヶ原と戦場ヶ原も歩き、初冬の奥日光の雰囲気を堪能しました。野鳥では、樹上で休息中のクマタカ、中禅寺湖で100羽程のオオバン、小鳥の仲間はエナガ、ヒガラ、ゴジュウカラなどアカゲラの声等も聴き、強行軍でしたが、満足の一日でした。
初冬の戦場ヶ原
F
水位が少し下がった小田代ヶ原
F_2
中禅寺湖と男体山
F_3
オオワシ(コンパクトカメラで精いっぱい)
F_4
オオバンの群れ
F_5
カンムリカイツブリ
F_6
ハジロカイツブリ
F_7
かくれんぼ中のカワガラス
F_8

野鳥モニター調査(11月分)

11月25日モニター調査を実施  成果は、6種の確認、スズメもチラホラ。過去のデータを保存していないためハッキリしないが、調査開始以来、種数、個体数とも最少と思われる。
民家の庭木等を撮影した。(気温は低いが、快晴であった。)
柿の葉の芸術
F
ヒヨドリの好きなトウネズミモチ(もうすぐ熟成)
F_2
見事なピラカンサ(いずれは鳥のエサ?)
F_3
ルート途中の公園の紅葉(ドバトのみ確認)
F_4
ゴギョウ(厳しい環境で懸命に生育)
F_5
おまけ 自宅庭のバラ 綺麗に咲いてくれました
F_6




舎人公園ボランティア・自宅の冬支度

24節季・小雪(23日)が過ぎ、ボランティア花壇の菊花の色が変化して異なった趣を見せています。大池のカモ類は、種数個体数とも相変わらず少ない。オオタカの飛来もしばらくお休み中。自宅では、干し柿、タクアン作りをしました。
見頃の赤・白・黄と異なった趣の菊
F
見事に色付いたコキア
F_2
ミニバラ園のバラ(クィーンエリザベス)
F_3
陽光を浴びるオオイヌノフグリ
F_4
花壇全景
F_6
大池の水鳥アラカルト
F_7
おまけ 自宅の干し柿(17日作製)
F_8
おまけ 自宅の大根干し (23日)
F_9

舎人公園・カモ情報他

立冬が過ぎ、公園の桜も落葉盛んになりましたが、カモたちの飛来数は、例年に比べかなり少ない。オオタカの飛来頻度も一時に比べ少なくなった。今日のカモ類は、オナガガモ+10羽、ヒドリガモ2羽(例年ヒドリガモが多かったが)
ボランティア花壇のコウテイダリアが、台風の影響も乗り切り、開花して見頃を迎えています。
大池風景
F
オナガガモとオオバン
F_2
ヒドリガモ
F_3
カイツブリ
F_4
花壇風景 菊はまだ見られる
F_5
コウテイダリア
F_6
コウテイダリア花アップ
F_7

舎人公園花壇・菊満開

舎人公園ボランティア花壇の菊が満開となり、話題になっています。
菊花1
F
菊花2
F_2
菊花3
F_3
花壇センター
F_4
ダリア
F_5
サービスセンター玄関
F_6

八子ヶ峰・パノラマ

11月4日蓼科山麓の八子ヶ峰をトレッキング 紅葉はピークを過ぎていたが、好天に恵まれて、360度の眺望を満喫しました。
すずらん峠の駐車場に車を置いて頂上へ
F
落葉松林中の整備された登山道(一部に転石あり)
F_2
白樺の間から蓼科山・ヒガラやエナガが側まで警戒に
F_3
標高差約150㍍を登ると頂上
F_4
頂上は広い草原・眺望素晴らしい(クマザサ、ススキ多い)
F_5
蓼科山
F_6
八ヶ岳山麓
F_7
八ヶ岳・南アルプス
F_8
中央アルプス
F_9
霧ヶ峰・遠くに北アルプス
F_10
微かに穂高連峰・槍ヶ岳
F_11
白樺高原眺望
F_12
霧ヶ峰から望む白樺湖・蓼科山
F_13
八島湿原
F_14
持ち主不明の羽(八島湿原展望台脇の藪に)
F_15

舎人公園・ボランティア

ボランティア花壇の菊花が咲き始めて、秋が一段と深まりました。
公園内の樹木も紅葉してきました。
ボランティア花壇の菊花
F
菊花
F_2
菊花アップ
F_3
ダリア
F_4
花壇センター
F_5
花壇全景
F_6
バッタの幼生
F_7
ツマグロヒョウモン卵(10月27日産卵)
F_8
園内の樹木の紅葉
F_9

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ