最近のトラックバック

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

集まれ!垳川調査隊

10月29日(土) 六木水の森公園で秋の自然観察をテーマにイベント「集まれ!垳川調査隊」(足立区・埼玉県・八潮市の共催)が行われ見学しました。好天の下、「ミニ水族館」、「垳川の秋をたずねて」、「垳川の木の実展」など盛りだくさんの催事があり、ボランティアや職員の方たちから熱心な案内・解説をいただきました。垳川水面の水鳥が注目をひきました。
首の白いカワウが一羽、小枝を運んでいました。
垳川機場(綾瀬川側)
F
垳川風景(見た目には綺麗に感じました)
F_2
平成泉橋
F_3
平成泉橋のウォーターカーテン
F_4
水質浄化の仕組み解説板
F_5
カワウ(右端個体の首が白色)
F_6
ホシハジロ
F_7
ユリカモメ
F_8
カルガモ
F_9
木の実展示
F_10
ムクノキの実展示
F_11
垳川の今昔解説パネル
F_12
アクリルたわし作成コーナー
F_13
会場遠景
F_14

晩秋の日光

10月28日 日光を訪ねました。紅葉の見頃は、「いろは坂」まで下りていましたが、戦場ヶ原、小田代ヶ原周辺を散策しました。小田代ヶ原は、10月5日に訪ねた時と同様 湖のままの状態でした。
霜が降りて初冬の趣の男体山
F
湖になった小田代ヶ原の水面に映る「逆さ男体山」
F_2
薄化粧をした戦場ヶ原と太郎山
F_3
小田代ヶ原の貴婦人と太郎山
F_4
水辺の貴婦人アップ
F_5
小田代ヶ原湖のマガモ
F_6
紗を被ったようなカンボク
F_7
すっかり落葉した広葉樹林
F_8

舎人公園・ボランティア

今日27日 小春日和に恵まれた中で、ボランティア花壇づくりを行いました。丁度、東京都公園協会から秋植えの苗が届き、植え付け作業等を行いました。作業中、晩秋の日差しを惜しむかのように、チョウたちが、花から花へと飛び交っていました。ツマグロヒョウモンの交尾と産卵(径0.5㎜程)が見られました。
花苗の植え付け準備(デザイン・仮置・検討協議)
F
植え付け
F_2
植え付け後(ストック、パンジーなど)
F_3
マリーゴールドの奥のキクが咲き始め
F_4
ポピー、カスミソウが伸びてきた
F_5
台風の影響から復活したダリア(見頃)
F_6
交尾中のツマグロヒョウモン
F_7
花壇全景
F_8


舎人公園・秋まつり

10月22日 舎人公園秋まつりが催されました。ボランティア「みどりと鳥の会」もブースを借りてゲームや展示で参加しましたが、生憎の秋雨で客足はさっぱりでした。準備した展示物等は来春の「千本さくらまつり」に持ち越しです。staffの皆様ご苦労様でした。        雨上がりの合間の貴重なお客様 
F

舎人公園・チョウ他

晩秋 チョウたちが、やわらかい日差しの中、ボランティア花壇の花に集まっています。近づいてもすぐに飛び立たないのでジックリ観察できます。花壇づくりでは、来春に向けた準備にも取りかかっています。バードサンクチュアリでは、オオタカの飛来頻度が増してカメラマンが集まるようになりました。カモの数はまだ少ない。
ベニシジミ1
F
ベニシジミ2
F_2
ツマグロヒョウモン♀
F_3
ツマグロヒョウモン♂
F_4
キタテハ
F_5
ヒメアカタテハ
F_6
モンキチョウ
F_7
アオスジアゲハ
F_8
セセリチョウ科
F_9
キク蕾  11月上旬見頃?
F_10
ネモフィラ他
F_11
オオタカ
F_12





舎人公園・カモ第一陣

10月13日 大池でヒドリガモを確認しました。10月に入り、爽やかな好天が続いています。
これから紅葉前線も下界に降りて、身近な所でも紅葉や冬鳥などを楽しむことができます。
バードサンクチュアリでは、オオタカを確認しました。
ボランティア花壇も秋の風情が増していますが、来春に向けた作業が忙しくなります。
大池に飛来したカモたち(奥はカルガモ)
F
ボランティア花壇全景
F_2
蕾の膨らんだコギク(11月上旬が見頃?)
F_3
シュウメイギク
F_4
フジバカマ
F_7
コスモス
F_8
ダリア(台風の影響から立ち直る)
F_9
ポットあげ(スキルアップ研修・・・代々木公園)
Photo



舎人公園・野鳥調査

8日定期野鳥調査(偶数月・第二土曜日)を行いました。確認種数は、普段見られる16種で平凡な記録でした。天候は、快晴・微風でモズの高鳴きがしばしば聞こえる好条件でした。シジュウカラ+20羽以上の群れが木々の枝を飛び交い、コゲラ4羽がその幹を登りながら餌を採っているところに出会いしばし見入りました。カモ類の飛来を期待しましたがまだでした。
餌採りに忙しいシジュウカラ
F
高鳴きのモズ
F_2
15号台風の影響によるサンクチュアリ内の倒木
F_3
15号台風の影響により移動・変形した大池の浮島
F_4

小田代ヶ原の異変

小田代ヶ原が湖になっていました。今夏の台風や前線性の強雨により冠水したもので、草紅葉の鑑賞は見送りです。(勤続20年のレンジャーも初めてとのことでした)戦場ヶ原周辺の紅葉は、まだこれからでしたが散策路沿いに赤く色付いた木の実を楽しむことができました。
今回は、滅多にない冠水した小田代ヶ原を見ることができたことが、強く印象に残りました。
冠水した小田代ヶ原  カモたちが羽を休めている
F
冠水した小田代ヶ原の向こうに男体山
F_2
戦場ヶ原の草紅葉
F_3
湯川の静寂な流れ 仲秋の趣
F_4
湯ノ湖 山腹の紅葉はこれから
F_5
ホザキシモツケ
F_6
アキノキリンソウ
F_7
ヤマブドウ
F_8
ズミ 色付きはじめた
F_9
カンボク  毎年たわわに実る
F_10
マユミ まだ割れていない
F_11
ノビタキ 常連で楽しませてくれる
F_12

那須岳登山

北国から初冠雪の情報が届く中、紅葉のハシリを求めて那須岳に登りました。快晴の天候でしたが、山頂は、北の高気圧の影響を受けて、身体が飛ばされそうな強風が吹いていました。リンドウ、シラタマノキなどと思わぬ出会もがあり、感激倍増。山頂の気温は0℃、冬支度で行き正解でした。
登山口 今回登りはロープウェイ利用
F
那須岳山頂 強風で立つのもヤット
F_2
活火山の証 あちこちで噴煙
F_3
那須高原の眺望
F_4
シラタマノキ 山頂近くのあちこちに
F_5
リンドウ 花期は過ぎたの思っていたが僅かに・・・
F_6
ヤマハハコ
F_7 
ナナカマド
F_8
霧氷の造形美1
F_9
霧氷の造形美2
F_10
朝日岳 紅葉は既に始まっていた
F_11
下山ルート 朝日岳等眺望を楽しみながらゆっくり下山
F_12

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ