最近のトラックバック

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

梅雨の晴れ間・鳥と虫

長雨で雑草が伸びたのではと気になり、ボランティア花壇に出かけました。途中、民家のツバメの巣では6羽の雛が誕生していました。花壇脇の水たまりで、ムクドリの群れが入れ替わり立ち替わり水浴びをしていました。花壇の花では、天道虫たちがアブラムシなどを退治してくれています。
ツバメの巣 一家の皆さんに見守られています
F
ツバメの雛 巣立ちは間違いないでしょう
F_2
ムクドリの水浴び
F_3
テントウムシ
F_4
ナナホシテントウ
F_5
花壇全景
F_6

梅雨・庭の風景

5月27日 関東地方が梅雨入りし、例年通りですと7月20頃までうっとうしい時が続きますが、見方を変えれば、植物は生き生きとして楽しみとなります。
梅雨の象徴 アジサイ
F
アジサイ・アップ
F_2
雨にぬれたサンショの実
F_3
食べごろに実ったユスラウメ
F_4
黄緑から白色に変化したヤマボウシ
F_5
美しいドクダミの花
F_6
レモンのめしべ
F_7
雨にもまけず アゲハ幼虫
F_8

舎人公園・ツバメ子育て

26日春の花壇から夏・秋に向けての苗の植え替え作業を行いました。丁度近くの小学生が野外学習で花壇を訪れて、作業の見学、花の観察・スケッチなどしていきました。後援側の民家のツバメの巣では、雛が誕生した模様、優しい家主の方の話では、26日現在雛は、3羽とのことでした。
花壇全景
F
植え替え作業
F_2
途中成果1
F_3
途中成果2
F_4
来訪した小学生たち
F_5
ツバメの巣
F_6
親ツバメ ハンティング場所の思案中?
F_7

アゲハ幼虫の成長

レモン木の幼虫は、順調に成長しています。(スケールを当てていないが)昨秋の幼虫より、体が大きいように感じられます。
幼虫1
F
幼虫2
F_2
レモンの花
F_3

野鳥モニター調査

モニター調査を実施 成果は、普通に見られる10種を確認しました。餌運びをしたり、ハシボソカラスを追い払うムクドリの行動が目立ちました。少ない緑も新緑から深緑へと変化して野鳥を見つけにくくなりました。毛長川では、川沿いの桑の実が色づき、水面でミシシッピーアカミミガメ2体が甲羅を乾していました。
公園の緑
F
歩道分離帯のヒルガオ
Photo
色づいた毛長川沿いの桑の実
F_2
ミシシッピーアカミミガメ
F_3
今年も貴重な田んぼに稲が植わりました
F_4
舎人公園で見ました 求愛給餌? 睦まじいドバト
F_5
おまけ 自宅のレモンに幼虫8匹 丸坊主にされそう
F_6

舎人公園

五月晴れ、湿度も低く絶好の天気 ボランティアメンバーも久しぶりに10人が集合
キビタキが来ているとの情報を得て、早朝に出かけたが確認できず。モズの♂・♀に出会いました。花壇は、バラやポピー、カスミソウ等も咲き、色とりどりに賑やかで美しい。
花壇全景
F
バラ1
F_2
バラ2
F_3
ツマグロヒョウモン♀(花壇で今年初)
F_4
小判草と蓑虫(顔をのぞかせている)
F_5
ナナホシテントウ(あちこちでアブラムシ退治・・歓迎)
F_6
紅葉 開花で赤くなっている
F_7
紅葉の花アップ
F_8
桑の実(鳥や虫が成熟を待っている)
F_9
コゲラ(早朝から鳥の写真はこれ一枚)
F_10

戸隠・飯綱高原

野草・野鳥を訪ねて戸隠周辺を散策しました。コブシ、ヤマザクラ、ヤマブキなどが咲き、1~2カ月遡った季節感を味わいました。森林植物園周辺で、ミズバショウ、カタクリ、キクザキイチゲ等野草、キビタキ(♂・♀)、オオルリ等の野鳥と出会い、中でもキビタキ♂をジックリと観察し満足でした。
林内のミズバショウ群生
F
ミズバショウとリュウキンカ
F_2
キクザキイチゲ
F_3
アズマイチゲ
F_4
ショウジョウバカマ
F_5
カタクリ
F_6
ユリワサビ
F_7
フッキソウ
F_8
エンレイソウ
F_9
ヤマエンゴサク
F_10
ムラサキケマン
F_11
ゴジュウカラ(鳥の写真はこれのみ)
F_12
イタドリハムシ
F_13
白樺・松林内の木漏れ日
F_14
戸隠山・高妻山
F_15

舎人公園キショウブ

昨日(12日)は、一日梅雨を感じさせるような雨天。 公園大池周りのキショウブが開花しています。スイレンとともに霧雨模様に似合っています。ボランティア花壇も好天と違った趣があります。悪天にも拘わらず、何人かのカメラマンが来て花を撮っていました。9日には、羽化間もないナナホシテントウが花壇で見られました。アブラムシを食べてくれるとか、繁殖して欲しいものです。13日には、竹の塚第2公園でジャコウアゲハ♂が見られました。(写真なし) 私は、今季初確認です。南方系のチョウの出現は、比較的遅いのでしょうか、ツマグロヒョウモンもまだ見ていません。(花壇には、パンジーなど沢山あるのに)
F
スイレン
F_2
花壇全景
F_3
ヒルザキツキミソウ
F_4
キンギョソウ他
F_5
ミニバラ園
F_6
バラ花・アップ
F_7
カラタネオガタマ(9日 甘くおいしそうな香り)
F_8
ナナホシテントウ(9日 羽化間もない)
F_9

チゴユリ群生地

小雨模様の中 昨年見つけたチゴユリが群生する雑木林を訪ねました。予想通り既に花の時期は過ぎていました。野鳥もシジュウカラ、コゲラぐらいでした。
チゴユリの群生する雑木林
F
僅かに残るチゴユリの花
F_2
林道沿いのフタリシズカ
F_3
カキドオシ
F_4
広場に群生するハルジオン
F_5
ハルジオンの花で休むキリギリスの仲間?
F_6

舎人公園・ツバメの抱卵

ボランティア花壇では、チューリップが終わり風景が変わりつつあります。昨日、子供の日のバーベキュー広場は、大勢の人出で賑わっていました。公園側の民家では、ツバメの抱卵が始まった模様です。
モッコバラ・パンジー他
F
ジュウニヒトエ(野草見本園)
F_2
セイヨウジュウニヒトエ
F_3
子供の日の人出
F_4
ツバメの抱卵?
F_5

6体目アゲハ羽化と舎人公園

6体目のアゲハが羽化しました。(写真なし)
舎人公園では、チューリップが終わり、ハナビシソウなどが咲いてきました。また、アオスジアゲハが飛来しました。
ハナビシソウ 咲き始め
F
ヤグルマソウ 最盛期
Photo
タイム きれいに咲きそろいました
F_2
レブンオダマキ
F_3
モッコバラ 清楚できれいなバラです
F_4
アオスジアゲハ
F_5

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ