最近のトラックバック

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

舎人公園

今日は、午前中春らしい陽気が続きました。花壇の草花は一段と春らしくなり、ナノハナ花壇ではモンシロチョウ2匹(今季初確認)が元気に飛び交っていました。芝生広場では、ツグミとムクドリが盛んに餌を取り、大池では、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、バン、オオバンなどが、ゆったりと水面に浮いていました。
花壇全景
F
咲き始めたチューリップ
F_2
ヒヤシンスとスイセン
F_3
ムスカリ
F_4
パンジー 花殻つみの成果
F_5
スズランスイセン  数はすくないが
F_6
オオイヌノフグリ  太陽がいっぱい
F_7
コオニタビラコ 花芽を持った  うれしい!
F_8
新緑のやなぎ  こころ安らか
F_9
ムクドリ  群れで懸命に採餌中
F_10

アゲハ4体目が羽化

飼育ケースのアゲハ蛹が羽化しました。今春4体目です。ケースから放チョウ後、いったん飛び去りましたが、約30分後、戻ってサクラソウの蜜を吸い、近くの豊後梅、ヤマボウシの枝で休息して、夕方飛び去りました。今日は気温が低いので心配しましたが、どこかで塒を見つけて、再び飛来してくれると嬉しい。

竹ノ塚駅東口駅前通りを散歩中、街路沿いの団地の庭でアヤメが咲いていました。随分早いように思いますが、いろいろです。
飼育ケースで羽化したアゲハ
F
サクラソウの蜜を吸うアゲハ
F_2
豊後梅の枝を登るアゲハ
F_3
アゲハの羽表
F_4
アゲハの羽裏
F_5
ヤマボウシの枝で休息中のアゲハ
F_6
おまけ 街路側のアヤメ
F_7

庭の植物

4月が近いと思えない寒さが続いていますが、庭の植物たちは春の到来を告げています。
東北地方は、明日もまた厳しい冷え込みが予想されています。被災された方々 希望を持って何とか頑張っていただきたい。
サクラソウ 思った以上に花期が長い
F
ハコベ 良く見るとかわいい花 群生しているが取らない
F_2
ダイモンジソウ 天ぷら等で食用可 でも もったいない
F_4
シュンランの花芽 今年は何本咲くか
F_5
ニリンソウ 葉っぱがそろい花芽はこれから
F_6
ホトトギス ルリタテハ(成虫越冬)幼虫の食草
F_7
ショウジョバカマ トレッキングに行きたくなるが・・・・・
F_8
サンショウの葉身 アゲハの幼虫には、まだ早い
F_9
ユキヤナギ バラ科とか 群生がきれいですが・・・・・
F_10
シロバナタンポポ おまけ(今年も近くの公園で)
F_11

舎人公園の今日

肌寒い日が続いて、(被災地の方々には大変厳しい環境でお気の毒に思いますが)花壇の草花は生き生きとしてきました。ジョウビタキとツグミは、良く見られますが、大池のカモ類は、ヒドリガモの他は、ほとんど見られませんでした。
花壇全景
F
西洋スイセンとヒヤシンス
F_2
西洋スイセン1
F_3
西洋スイセン2
F_4
斑入りホトケノザ
F_5
白花ヒメオドリコソウ
F_6
サンシュ
F_7
サンシュの花アップ
F_8
ジョウビタキ(体型が丸くなった)
F_9
ツグミ(こちらも丸くなった)
F_10
大池のヒドリガモ
F_11
ハシブトカラスの水浴び
F_12

舎人公園ほか

舎人公園の花たちは、人間社会の苦難に関係なしに、日々彩りを添えています。大池のカモ類は、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、ユリカモメなどがいますが、少なくなりました。

今日は、ン十年ぶりに蝋燭の灯りで3時間(19時~22時)を過ごしました。被災地の回復を祈るばかりです。何とか、早く谷底を越えてほしいものです。
公園の花壇 ヒヤシンス他が咲いています
F
ナノハナ(在来種) 咲き始めました
F_2
ノースボール 花屋さんではピークを過ぎたが・・・
F_3
ムラサキハナナ(大根花)  野菜ではありません
F_4
ムスカリ 2年目の球根が花をつけました
F_5
サクラ・アラカルト イベントは中止ですが咲きました
F_6
ヒドリガモ 30羽程が無心に採餌中(風で人が少ない)
F_7
 

アゲハ蛹3体目が羽化

アゲハ蛹の羽化が順調に続いています。

福島原発は予断を許さぬ状況が続いています。総力を挙げて取り組んでいのが分かりますが、早く不安を取り除いて欲しいと願いばかりです。

羽化後のアゲハ
F
タネツケバナと梅花でしばらく休んで元気に飛び去る
F_2

2体目アゲハ羽化・他

飼育ケースのアゲハ幼虫の2体目が羽化しました。約6ヵ月間飲まず食わずで過して、美しい姿を見せてくれました。凄いことですね。蓋をあけると元気に飛び去って行きました。

東北関東大震災が気になります。
福島原子力発電所の事故が、世界的に大きな影響を及ぼしています。現場で放射能物質がある中、命がけで作業をしていただいている方ご苦労様です。一方、東京で行われている会見は、どうでしょう?・・・。未経験でしょうがないのか。経験を積みたくもない。
市民は、輪番制の計画停電を粛々と受け入れています。的確な対応で落ち着いた社会を取り戻したい。

楽しみにしていた舎人公園の「千本さくらまつり」(3月26~27日)は、中止となりました。
ガソリンスタンドは、軒並み売り切れ。しばらく遠出は中止。
被災地域の皆さん頑張ってください。
2体目のアゲハ
F
自宅庭の5分咲き豊後梅
F_2
梅花アップ
F_3
千本さくら祭り用に自宅で育てたネモフィラ
F_4

野鳥モニター調査

今日(13日) 3月分の野鳥モニター調査をしました。10種を確認しました。収穫は、毛長川で、カイツブリ1羽、オオジュリン2羽を確認したことです。

今回の地震により原子力発電所で事故が発生しため、電力不足が生じるとか。自宅の設定温度を3℃低くするなどエコに取り組むことにしました。
毛長川のカイツブリ 盛んに潜水を繰り返す
F_7
民家の庭木のメジロ
Photo
民家の庭のサクラ
F_8
公園のソメイヨシノ  蕾はまだ固い
F_9
団地の庭にフキノトウ
F_10
国道4号線から見えるスカイツリー
F_11

アゲハの羽化

今朝 アゲハの蛹が羽化しました。昨年9月に庭のサンショウの木にいた幼虫を捕獲。 プラスチックケースの中に入れていたのが、蛹化・冬越しをして羽化しました。アゲハとは、本年初対面、ケースの蓋をあけると元気よく飛び去りました。
羽化したアゲハ
F
アゲハのアップ
F_2
抜け殻
F_3
冬越し蛹2 近く羽化が見込まれる
F_5
冬越し蛹3 近く羽化が見込まれる
F_6 

東北巨大地震・舎人公園ボランティア

11日14時46分ごろ 国内観測史上最大 M 8.8の「2011東北地方太平洋沖地震」が発生。被災地域の方々にお見舞いとお悔やみを申し上げるとともに まだ被害状況が不明の段階で早すぎると思いますが、復旧・復興をお祈りしています。
さて、舎人公園では、ようやく春らしくなり、今日キタテハ、テントウムシを初確認しました。
今年初確認のキタテハ表面
F
キタテハ側面(やわらかい日差しで、動きがゆっくり)
F_2
日差しにつられて散歩中の天道虫
F_3
芽が目立つようになってきたチューリップ
F_4
だんだんに花が増えてきたネモフィラ
F_5
順調に生長するヤグルマギク(花が楽しみ)
F_6
ミニバラ園(四季咲きバラ)芽が伸びてきた
F_7



舎人公園ボランティア

今日3月3日は、ひな祭り。都心の最低気温は0℃近い。舎人公園は、強風で体感気温は0℃以下。立派な霜柱が出来ていた。しかし、花壇では、ネモフィラが咲き始め春の到来を告げていた。
花壇全景
F
咲き始めたネモフィラ
F_2
近くで咲くオオイヌノフグリ(花壇内でも除去しにくい)
F_3
ナノハナの蕾も膨らんできた
F_4
西洋ナノハナ(花期が長い?)
F_5
凍傷ぎみのハボタン(陽気とともに持ち直して欲しいが)
F_6
まだ居ますジョウビタキ
F_7
立派な霜柱
F_8

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ