最近のトラックバック

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

日光の下流域

穏やかな好天が続いています。28日(日)日光の下流域を訪ねました。大谷川の下流域は、東武日光駅付近から河幅が広がり、扇状地に都市(旧今市市)が発展し、奥日光と違った趣です。両岸で、河川の自然と広大な空間を楽しむことができました。
男体山~女峰山の遠望(男体山には雪が見える)
F
コゲラ(いつも樹皮を突いているが、休まないのか?)
F_2
ヤマガラ(餌台上ながら久しぶり)
F_3
ゴジュウカラ(いつの写真も倒立)
F_4
カシラダカ(久しぶり、ホオジロと区別できて良かった)
F_5
セグロセキレイ(上流河川の証?)
F_6
カワラナデシコ(少なくなった聞くが  良かった)
F_7
ワスレナグサ?(図鑑に花期5月とある、園芸種もあり)
F_8
ガマズミ
F_9
クコの実
F_10
雑木林の木漏れ日(落葉の上を歩く 音が心地よい)
F_11

話題の皇帝ダリア

ラジオやテレビでコウテイダリアの開花が話題になっています。舎人公園のものも一本がきれいに咲いています。これから順次咲いていき12月中ごろまで楽しむことができるでしょう。
自宅の近くでも広い庭のある民家でも咲いています。人気の花なのでしょう。
コウテイダリア・アップ(舎人公園)
F
コウテイダリア全景(舎人公園)
F_2
野草見本園に咲くカワラナデシコ(舎人公園)
F_3
今日のボランティア作業(間引き)
F_4
自宅近くの民家のコウテイダリア1
F_5
自宅近くの民家のコウテイダリア2
F_6

鋸山・紅葉

21日(日)鋸山に紅葉を訪ねました。見頃はこれからでしたが、人出は多く、帰りの高速道路は渋滞、龍馬伝に滑り込みセーフ。東京湾の向こうに富士山を見たいと思っていましたが、次第に雲が出てダメでした。久しぶりにエナガの混群に会いました。
鋸山からの紅葉
F
アオキ・・周辺は常緑の高・中・低木が比較的多い
F_2
イソギク・・キクの仲間
F_3
キクの仲間
F_4
ダイモンジソウ(岩に張り付くように咲いていた)
F_5
地獄覗き(足がすくんで近づけない)
F_7
金谷方向
F_8
遠く館山方向
F_9
 

野鳥モニター調査

am7時からモニター調査を実施。10種の確認と平凡な結果でした。オナガ14羽の群れ、冬の使者ジョウビタキ、毛長川でコサギを確認したのがめぼしいところです。
毛長川のコサギ
F
コサギのアップ(水は、きれいに見えたが・・・・・・・)
F_2
団地の桜も紅葉してきた
F_3
野菜と花の畑(マイフィールドでは少なくなりました)
F_4
トウネズミモチ(ヒヨドリが盛んに鳴いていた)
F_5
まだ咲いていた外来アサガオ
F_6
おまけ  恒例になったベランダ干し柿作り
F_7




舎人公園・コウテイダリア

ボランティア花壇のコウテイダリアが咲き始めました。これから一月ほど、咲き具合が楽しみです。今日は小春日和に誘われたのか、個人、中小団体の方々が沢山来ました。
ボランティア活動が広く知られて、参加者が増えることを期待しています。(以下の写真に写っている方には、載せることを了承していただきました。)
咲き始めたコウテイダリア
F
コウテイダリア花アップ
F_2
見学者への対応(手前はナノハナの芽)
F_3
見学者
F_4
野草見本園も見学
F_5
人気の菊花壇の前で記念写真
F_6
今日のボランティア活動は陽光の下での軽作業
F_7

わが家の花と緑コンテスト入賞

足立区主催の「わが家の花と緑のコンテスト」が行われ、我が「竹の塚ガーデンハウス」の花壇が奨励賞に入賞しました。11月15日 足立区役所において、「平成22年度環境・まちづくり功労表彰式」が執り行われ、善行者、まちづくり者、交通安全功労者など各部門の方々とともに区長から表彰していただきました。小中学生が頑張っている姿を見て、花壇づくりをさらに発展させていかねばと決意を新たにしました。
表彰式
F
我家の花壇写真パネル展示
F_2
写真パネル展示1
F_3
写真パネル展示2
F_4
記念品一式(紙袋のデザインが懐かしい)
F_5

防災訓練

足立消防署職員をお招きして、マンション独自の地震災害を想定した防災訓練を行いました。今回は、避難誘導、居住者安否確認、負傷者の救助訓練を重点に行いました。参加者は、約30名と多くはありませんでしたが、各階(9階建て)の出席者があり、消防署から負傷者のいろいろな搬送方法、工具使用の注意点、三角巾の使い方などについて、体験指導をしていただき有意義な訓練となりました。
開会ミーティング
F
避難者確認
F_2
非常持ち出し袋確認
F_3
防災工具確認
F_4
チェーンカッターの使用方法と注意点
F_5
負傷者の担架搬送訓練
F_6
女性による毛布担架の使用訓練
F_7
三角巾の使い方解説
F_8

舎人公園・ボランティア他

小春日和の陽気が続いています。ボランティアでは、ハボタン100株を植えました。花には、相変わらずいろいろなチョウがいます。大池のカモは、現在、ヒドリガモ、オナガガモの2種、個体数は合わせて約20羽です。飛来時期が早いコガモが見当たらない、種類数、個体数とも少ないようにように感じています。もっと寒くなれば増えるのでしょう。期待しながら見守りたい。
今日植えたハボタン
F
キタテハ羽裏
F_2
大池のカモたち
F_3
ヒドリガモ  長旅でしたね
F_4
ヒドリガモ若?(つぶらな瞳、嘴)
F_5
おまけ 飼育のルリタテハが15日目に羽化 元気に旅立
F_6

舎人公園・菊見頃

連日暖かい日が続き、ボランティア花壇のキクが見頃となりました。他にも花がたくさん咲いているせいか、立冬を過ぎてもいろいろなチョウを楽しむことができます。
日差しが柔らかいためか、チョウの飛翔がスローで観察しやすい。
見頃を迎えた菊花壇
F
ダリア花壇
F_2
モンシロチョウ
F_3
モンキチョウ
F_4
キタテハ
F_5
ヒメアカタテハ
F_6
シジミチョウの仲間
F_7
ベニシジミ
F_8
イチモンジセセリ (居残り組?)
F_9

筑波山ドライブ

筑波山スカイラインをドライブ 紅葉観賞の車で山頂付近は大渋滞。途中で引き返しました。
山裾は、稲刈りが終わり、柿の収穫が最盛期 産直売店で野菜と果物を仕入れて早めに帰宅しました。
筑波山遠望
F
山裾風景
Photo
ハングライダーを近くで見ることができた(ガスで眺望不良)
F_2
オオジシバリ ? (花期は4~5月と図鑑にあるが)
F_3
オオジシバリ? 蕾
F_4
オオジシバリ? 開花
F_5
オオジシバリ? 舌状花
F_6
イヌホオズキ
F_7
ハハコグサ
F_8

新宿御苑

たまには都心へ 紅葉には早いが菊花展が行われている新宿御苑を訪ねました。
都会のオアシス
F
木漏れ日の下 スイセン
F_2
カラスウリ
F_3
もみじの花
F_4
サンシュの果実
F_5
菊花展
F_6
池のカイツブリ
F_7
新宿駅のバラ展
F_8
好きな一つ
F_9

舎人公園・チョウ

晩秋の11月2日 ボランティア花壇の一画(マリーゴールド等を残してある)で、モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ツマグロヒョウモンを確認しました。一方、夏に見られた大形のアゲハチョウ類、移動性が知られているイチモンジセセリは、確認されなかった。(いずれも成虫)
マリーゴールド、ヒャクニチソウ等が残る一画
F
モンシロチョウ(シロチョウ科)
F_2
モンキチョウ(シロチョウ科)
F_3
ベニシジミ(シジミチョウ科)
F_4
ツマグロヒョウモン(タテハチョウ科)
F_5
キクの開花が進んでいます
F_6


陶芸の里・笠間市

日曜日 台風一過の晴れとはなりませんでしたが、「人間国宝と古陶」展が催されている茨城県陶芸美術館を訪ねました。久しぶりに美しいものを観て、、分からないなりに心が満ち足りました。近くの北山公園も散策し、充実した日曜日となりました。
谷津田を利用した生態園(ミズバショウなど植わっている)
F
湿地のセグロセキレイ(遠くでジョウビタキの鳴き声も)
F_2
初夏にはゲンジボタルが飛ぶそうな
F_3
隣接する雑木林(散策しやすいよう整備されている)
F_4
水辺に咲くミゾソバ
F_5
タムラソウ
F_6
センブリ
F_7
ヤクシソウ
F_8
タカクマヒキオコシ
F_9
茨城県陶芸美術館
Photo

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ