最近のトラックバック

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

今日の舎人公園花壇

天候不順ではありますが、熱心なボランティアに支えられて、秋→来春に向けての植え替え作業は順調に進んでいます。台風14号接近による大風対策、冬場の霜降対策なども取り組んでいます。花は、ダリアが見頃で、間もなくコギクも咲いてくれそうです。夏の水やり、草取りに変わって、気温、風、霜などが気になる季節となりました。
今日の花壇風景
F
夏・秋の残骸(堆肥用)
F_2
掘り出された転石(昔の産廃)
F_3
コウテイダリア 台風対策に支柱を設置
F_4
霜降対策 ヨシズ張り
F_5
ダリア花壇
F_6
ダリア赤
F_7
ダリア白
F_8
ダリア黄
F_9
ポンポンダリア
F_10
謎のキノコ?
F_11
コギク
F_12

秋冷・舎人公園

今夏の猛暑がうそのよう!舎人公園では、セイタカアワダチソウの黄色が目立つようになりました。バードサンクチュアリにはオオタカが時々飛来するようになりました。大池では、ヒドリガモが、長旅の疲れを癒すように採餌をしながら水面に浮いています。
セイタカアワダチソウの群生
F
セイタカアワダチソウで吸蜜するツマグロヒョウモン♀
F_2
ドバトの羽 誰の仕業か?
F_3
採餌するヒドリガモ
F_4
ハクセキレイ 水辺の岩の上で日向ぼっこ
F_5
コギク 陽を浴びて日に日に膨らむ
F_6

今日の舎人公園

昨夜の雨で花壇の花々がきれいに咲いています。熱心な会員のお陰で、来春の準備が着々と進んでします。心配したダリアも見頃となっています。雨で一段ときれいです。
ダリア花壇
F_7
ダリアのアップ
F_8
キク花壇
F_9
キク 膨らんできました
F_10
シュウメイギク
F_11
来春の準備 チューリップ・ネモフィラ etc
F_12
大池にカモたちが帰ってきました
F_13
カイツブリもお出まし
F_14

奥日光・紅葉

25日早朝・日帰りで奥日光の紅葉を訪ねました。紅葉見頃前線は、いろは坂付近まで下りていました。快晴・無風の爽やかな天候 ピークをやや過ぎた紅葉を観ながら戦場ヶ原~小田代ヶ原の散策を楽しみました。途中、思いがけずに、「あしだち」の御一行様に出会って楽しさ倍増でした。カメラの撮影条件設定ミスで写真は、ボケボケです。恥ずかしながら、教訓とするため、敢えて書き込み・添付をします。
戦場ヶ原
F_2
小田代ヶ原
F_3
キタテハ?
F_4
ジョウビタキ♀ 鳴いていました
F_5
マガモ
F_6 

ルリタテハの幼虫

秋雨の中 「植物と露」を観察していたら、ホトトギスの葉にルリタテハの幼虫を発見。今年はもうダメかと思っていたら1匹いました。成虫で越冬するそうで、無事羽化して、場所を覚えてまた来てほしいが・・・。
ナンキンハゼと露(これから美しい紅葉になる)
F
オダマキと露
F_2
ハナトラノオと露
F_3
バラ(四季咲き)と露
F_5
ホトトギスとルリタテハ幼虫
F_6
ルリタテハ幼虫のアップ
F_7




身近な秋

昨日、日光戦場ヶ原で初氷の気象情報がありました。山では紅葉が真っ盛り。自宅周辺でも秋たけなわ。猛暑の夏が遠くに感じられます。自宅の庭ではコムラサキ等園芸品種の植物が見頃です。
コムラサキ(今年は実が多い)
F
ホトトギス(昨年はルリタテハが来たが、今年はダメ)
F_2
ミズヒキ(紅白)他に早春花の野草が入っている)
F_3
フジバカマ(これから開花)
F_4
オミナエシ(ピークは過ぎた)
F_5
イヌタデ(量で存在を主張・・抜き難くなった)
F_6
アサガオ(国産種?)
F_7
キアゲハ幼虫(nemoさん ありがとう、大切にします)
Nemof
ナミアゲハ(左側)とキアゲハの幼虫比較
F_11
舎人産キアゲハ幼虫(左側)と蛹(幼虫には寄生虫あり)
F_12
ナミアゲハ幼虫①(飼育箱天井)
F_13
ナミアゲハ幼虫②(飼育箱天井)
F_14

舎人公園花壇植え付け

入荷した花壇材料(パンジーなど)の一部を植え付けました。ボランティア活動参加者が多く集まり、天候にも恵まれて、作業は順調に進んでいます。
入荷した苗(パンジー、ビオラなど)
F
作業風景1
F_2
作業風景2
F_3
植え付け後ブロック1
Bf
植え付け後ブロック2
Af
心配で見に来た?(ツユムシの一種)
F_4

舎人公園植え付け準備

冬~来春に向けて、パンジーの苗、チューリップの球根等、花壇の材料が入荷しました。
まだ、秋の花が咲いていますが、やむを得ず、一部撤去、耕作を始めました。
今日の花壇
F
植え付け下地耕作
F_2
植え付け準備ok1
Okf
植え付け準備ok2
Okf_2
心配したダリアも開花
F_3
ダリア・アップ
F_4
シュウメイギク他
F_5
シュウメイギク・アップ
F_6

野菊の墓と矢切りの渡し

松戸市(所用)の帰り 伊藤左千夫の「野菊の墓文学碑」と細川たかしの歌でお馴染みの「矢切りの渡し」を訪ねました。絶好の行楽日和で渡し船はfull稼働、ハイキング、サイクリングの人たちは広大な空間を楽しんでいるようでした。
野菊の墓文学碑
F
文学碑のある丘
F_2
矢切りの渡し(江戸川の向こうは、寅さんの故郷)
F_3
渡船(2隻がfull稼働)
F_4
この秋 初めてのモズの高鳴き
F_5
名前の分からないガにも会いました
F_6

舎人公園ボランティア

すっかり秋らしくなり、花壇を見る人が増えて、やりがいをいっそう感じるようになりました。作業もやりやすくなりました。10月は来春に向けての準備で忙しくなります。
花壇のフェンネルでキアゲハの幼虫5匹が見つかりました。内3体の写真を紹介します。
花壇風景
F
ボランティア活動中
F_2
コキアとケイトウ
F_3
コスモス(少ないがあります)
F_4
花壇内のフェンネルに付くキアゲハの幼虫
F_5
食事中の幼虫
F_6
蛹になるため移動を始めた幼虫
F_7
種名を調べ中のシジミチョウ
Pa070091f

奥日光・草紅葉

小田代ヶ原の草紅葉を訪ねました。草原の紅葉は見頃で、ズミなどの実も赤く色付き、昨夜の雨のせいか人出は少なく、静かな奥日光を十分に堪能しました。野鳥は、カケス、アカゲラ、モズ、ウグイス、カラ類、ヒタキ類などを木々の間から見ることができました。ウグイスは、さえずりと地鳴きの両方を聞きました。
F
F_2
F_3
F_4
F_5
F_6
F_7
F_8
F_9
F_10
F_11

あだちエコ体験ツアー

10月2日(土)9時~15時30分 快晴 足立区主催のエコ体験ツアーがあり参加しました。区役所に集合 「生物多様性を知ろう」をテーマに「桑袋ビオトープ公園」、「桜花亭(手弁当昼食)」、「生物園」間をバスで移動し、身近な環境について学びました。途中 指導員が同行する大鷲神社~桜花亭間約1.5kmのウォーキングもあり心身共に心地よいプログラムでした。桑袋ビオトープ公園では、「公園周辺のミニ清掃作業をした後、ザリガニ取り、生物多様性展の見学」をし、昼食後、生物園に移動して、「東京の野生生物展の見学、養蜂中の巣箱を使ったミツバチの生態学習」を行いました。「働き蜂の行動圏は約3km」との話が、印象に残っています。
桑袋ビオトープ公園周辺のゴミ拾い作業
F
ザリガニ取り
F_2
COP10関連の展示
Copf
ボランティア団体による池の清掃作業(ご苦労様)
F_3
桜花亭(ハギの花が見頃)
F_4
分離板を用いたミツバチの生態解説
F_5

舎人公園

お彼岸以降天候不順でしたが、今日は晴れて心地よい天気でした。気象予報では、紅葉情報が提供されるようになりました。ボランティア花壇では、先日来の天水で花が生き生きと輝いています。猛暑をなんとか乗り切り一段落です。作業では、冬から来春にかけての花壇の検討時期となっています。チョウは数が少なくなりましたが、飛来しています。(花いっぱい?)
花壇風景(花壇の衣替え等を相談)
F
オミナエシ(天水で生き生き)
F_2
キク(開花はまだこれから・・)
F_3
ナガサキアゲハ♂(たまに飛来していたが、撮れました)
F_4
ナガサキアゲハ♀(昨年自宅庭で)(♀♂の区別明らか)
F_5
キアゲハも来ました
F_6
赤い実を付けたハナミズキ(大池の近くで)
F_7



« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ