最近のトラックバック

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

ヤブガラシと昆虫

この時期、ヤブガラシが生垣やフェンス等に覆いかぶさっているのを見かけます。藪をも枯らす勢いで繁殖するので、迷惑な雑草と思われているところがあります。一方、武蔵丘陵森林公園の観察会において、某先生から「ヤブガラシは、蜜が多い」ことを教わりました。舎人公園でもヤブガラシが多く生育しており、一時、虫たちが花のまわりを盛んに飛び交っていました。9月末となって、ヤブガラシの花が少なくなり、チョウとの出会いも減っています。
歳のせいか、時の過ぎるのが早く感じられる。
以下、写真は、いづれも舎人公園で撮影
F
F_2
F_3
F_4
F_5

アゲハの幼虫

庭の鉢植えキンカン、サンショで、アゲハの孵化が盛んです。冬越しのための準備でしょうか。越冬態の幼虫→蛹かどうかを確認するため、2匹をケースに入れて経過を観察しています。(9月26日現在、幼虫と蛹が6匹います。)
鉢植えのヤマボウシの実が熟して、秋の進んでいることを感じますが、近所の彼岸花の開花は、まだこれからです。今夏は、異常気象だったとか、これからも気になります。
P9260015f
P9260024f
P9260025f
P9260013f
P9250011f
P9250009f
P9260020f
P9260022f

アサザ・霞ヶ浦

環境省のレッドデータブックで絶滅危惧Ⅱ類に指定されている ミツガシワ科の多年生浮葉
植物アサザは、霞ヶ浦でも何か所かの群生地が知られている。霞ヶ浦周辺の市民、各種団体、行政などが、永年、保護活動に取り組んでいる。行方市玉造浜の生育地を見てきました。
アサザの生育状況1
F
アサザの生育状況2
F_2
アサザの花
F_3
道中のコスモスロード(おまけ)
F_4

野鳥モニター調査(9月)

猛暑もいくらかおさまり、今日19日、9月分の調査をしました。調査成果は、スズメ以下7種でしたが、毛長川でイソシギを確認しました。モニター調査を始めて以来、毛長川では初確認です。すぐ側の水面下で大きな鯉が泳いでいました。カメラに収められなかったのが残念です。毛長川の環境が変わりつつあるのかなー?
今日は秋祭りが、あちこちで行われ、当町内も氷川神社の祭りで、お囃子・お神輿が出て賑やかでした。
水浴び後毛繕い(?)をするキジバト
F
ヘクソカズラ
F_2
ヤブガラシ
F_3
ニラ
F_4
キンカン
F_5
シャリンバイ
F_6

F_7
キンモクセイ
F_8
祭り・お神輿(おまけ)
Photo

シギの採餌2

三番瀬でシギたちの採餌を撮影することができました。

シギの採餌

三番瀬でトウネン、ミユビシギ等を観察し、オオソリハシシギの採餌を撮影することができました。

三番瀬・シギチ

9月探鳥会に参加できなかったので、潮が小さいのを承知で、シギ・チドリを求めて三番瀬にいきました。シロチドリ、トウネン、ハマシギ、ミユビシギなどが、餌を求めて飛んだり、走ったりしていました。鳥の方から寄ってきて、あまり移動しなくても十分に堪能できました。「干潟の狭い」のも良いとの発見でした。単独行動での、種の同定は、自分には難しい。特に、換羽の時期、若の出現などで、シギチの奥深さを痛切に感じました。しかし、広い干潟を走り回っている姿を見ていると時の経つのも忘れます。(負け惜しみ)写真のみ添付。
F
F_2
F_3
F_4
F_5
F_6
F_7
F_8
P9140075f
F_9
F_10




路面上のアゲハ死体

先週 竹ノ塚の歩道にアゲハの死体がありました。拾って持ち帰り、写真撮影後土に返しました。{アゲハチョウは、前足が発達していて、歩く機能を持っている。また、前足の「ふ節」(爪のすぐ上部)には、味覚があり食草を区別けるする。}そうです。
昨日で、今夏の都心の猛暑日が13日となり、観測開始以来のタイ記録となったと発表されました。今日は、台風9号の影響もあり、朝から雨。草木が喜んでいることでしょう。公園ボランティアも助かります。
先週来、蝉の声もほとんど聞こえなくなり、季節の変遷が感じられます。
歩道のアゲハ死体
F
アゲハの表
F_2
アゲハの裏
F_3
アゲハの裏アップ(ふ節は不鮮明ですが・・・)
F_4

奥日光散策

戦場ヶ原~小田代ケ原を散策してきました。シロヨメナやアキノキリンソウ等キク科の野草などが花盛りでした。良く似たものが多く名前は分かりません。野鳥は、カラ類、ゴジュウカラに会ったが、非常に少なかった。ウグイスは地鳴き変り、カッコウは聞こえませんでした。
戦場ヶ原
F
男体山・小田代ケ原
F_2
シロヨメナ
F_3
アキノキリンソウ
F_4
ウメバチソウ
F_5
リンドウ
F_6
アケボノソウ
F_7
キツリフネソウ
F_8
コオニユリ
F_9
ズミの実
F_10
ワレモコウとトンボ
F_11
アキノキリンソウとトンボ
F_12
ホザキシモツケとシジミチョウ1
F_13
ホザキシモツケとシジミチョウ2
F_14
セセリチョウ
F_15
アザミとヒョウモンチョウ
F_16
湯川とダイモンジソウ
F_17
ダイモンジソウ・アップ
F_18

舎人公園

花壇の水やりに行きました。猛暑で人出は少ないが、今日もチョウたちが楽しませてくれました。
アゲハ(黄色が濃いいが)
F
クロアゲハ
F_2
アオスジアゲハ
F_3
シジミチョウ(識別は、まだ難しい)
F_4  
キバナコスモス  秋桜は植えなかった
F_5
ボランティア活動表示
F_6


« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ