最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

道の駅巡り・千葉城県

暑さしのぎに霞ヶ浦(西浦)を一周 稲穂が実り、刈り取りが始まっていました。途中の道の駅にも立ち寄り、新鮮な野菜や果物を仕入れました。
JA新治  常陸そばが自慢(ざるそばが旨い)
Jaf
JA 霞ヶ浦  レンコン、佃煮(季節で生落花生)
Jaf_2
行方市物産館 鯉の旨煮 ソフトクリームあり
F
浮島直売所 手作りおやつ
F_2
収穫期はまだ先だが 豊作だとうれしい
F_3
田んぼ風景 これを見ると心豊かになる
F_4
スタンバイ中のサギ類 刈り取り作業開始を待っている
F_5
獲物を探すサギ類
F_7
換羽中のアマサギ
F_8
筏の上で休息(避暑?)中のサギ類
F_9


今日も猛暑日・舎人公園

今日も35℃超 長期予報では、暑さはしばらく続くとか。花壇の水やりがしばらく続くことになる。今日は、昆虫の他にカワラヒワの幼鳥らしいのが飛来した。ヒマワリの成熟を待っているのだろう。
花壇風景
F
コキア 爽やかなグリーンが涼しさを感じさせてくれる
F_2
綿の花 白色からピンクに変化した
F_3
コットン 本年第一号が成熟
F_5
トロロアオイの花 クローズ
F_6
バッタ 呼吸法 気門を撮りたいのだが・・・
F_7
キアゲハ 常連
F_8
アゲハ 久しぶり
F_9
モンキチョウ
F_10




処暑を過ぎても暑暑暑!

暑さに加えて夕立もなし 早朝から舎人公園花壇の水やりに出かけた。手間をかけただけ生き物は応えてくれる。花の少ない夏の時期にそれなりの花が咲き、チョウなどの昆虫も色々やってくる。秋になれば鳥たちも・・・。これらを励みに維持管理に努めよう。
花壇風景 それなりに花があり、虫もいる
F
巨大ヒマワリ
F_2
クルマバザクロソウ 花壇では雑草(外来種)
F_3
ベニシジミ 早朝から熱熱熱!
F_5
スコットカメムシ 悪臭害虫
F_6 

ジャコウアゲハ・元淵江公園

久しぶりに元淵江公園を訪ねました。予想通りジャコウアゲハが繁殖に精を出していました。
飛翔中のジャコウアゲハ♀(近くに♂も)
F
産卵の瞬間(貧弱なウマノスズクサに)
F_2
産卵の直後(卵が見える)
F_3
尾状突起が傷ついた産卵直後の♀
F_4
ジャコウアゲハの黒色系幼虫
F_5
ジャコウアゲハの茶色系幼虫
F_6

舎人公園花壇のチョウ

猛暑続きで花壇を訪れる人は僅少ですが、咲き誇る夏の花々にチョウがいっぱいです。今日amだけでも、クロアゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、イチモンジセセリ、オオスカシバ(チョウ目でおまけ)たちが、蜜を求めて飛び交っていました。公園への途中、ツバメ9羽が長旅に備えて飛翔の練習中でした。
花壇風景
F
キアゲハ
F_2
モンシロチョウ
F_3
ベニシジミ(傷んでいる)
F_4
イチモンジセセリ(求愛中?)
F_5
オオスカシバ(チョウ目スズメガ科)
F_6
休息中のツバメ
F_7

最高気温38℃超・草花水やり他

今日、東京の最高気温が38℃超 熱中症に気付けながら、早朝から公園花壇の水やりに勤しむ。記録的な暑さが続いているが、秋の気配も感じられる。花壇の側のケヤキからツクツクボウシの鳴き声が聞こえてくる。キアゲハ、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリなどが花から花へ飛び交っているが、冬越しに備えて産卵場所を探しているようにも見える。自宅庭にも頻繁にチョウが来た。暗くなるとコオロギの声がする。ミンミンゼミ、アブラゼミに起こされるのも後少し。 秋が待ちどうしい。
公園花壇のフウチョウソウ・ひまわりムーンライトほか
F
ヒマワリ 近くでカワラヒワ群が待っている
F_2
キアゲハ フェンネルの周りを確かめるように飛んでいる
F_3
ツマグロヒョウモン♀
F_4
オミナエシ 7月頃から見られるが秋が相応しい
F_5
庭の誕生間もない幼虫
F_6
アゲハチョウの幼虫
F_7
ナミアゲハ♀(夏型)
F_8
ランデブー中のナミアゲハ
2f
チョウの道(勝手に命名)で待ち構えるクモ
F_9 
8月14日保護した前蛹(小ぶりのようだ)
814f
8月15日蛹化・・無事羽化して欲しい
815f



舎人公園ボランティア花壇・台風4号

12日 台風4号が日本海を北上しました。新潟沖付近を通過する昼前頃から、舎人公園でもかなりの強風が吹き荒れました。花壇には、ほとんど影響はありませんでしたが、砂ほこりが酷いため、草取り作業を早めに切り上げました。
朝焼け(am4時半) 昔は大水のもと言われましたが・・・
F
公園の砂ほこり
F_2
強風
F_3
ヒマワリ
F_4
トロロアオイ
F_5
綿の花
F_6
花壇風景
F_7

三番瀬

猛暑の中 三番瀬を訪ねました。台風4号の余波で多少の風はありましたが、思ったより人出は少なく、干潟の雰囲気を十分堪能できました。シギチは、シロチドリ、メダイチドリ、ソリハシシギ、トウネン、アカアシシギ、キョウジョシギなど、上空ではコアジサシが群れで飛んでいました。
F
F_2
F_3
1f
2f
F_4
F_6
F_7
F_8
F_9
F_10
F_11 

白馬村トレッキング

最も高山植物の種類が豊富な時期 ゴンドラ、リフトも利用して、八方尾根自然研究路を楽しみました。あいにくの天候で、白馬三山を見ることはできなかったが、途中で知り合った親切なレンジャーの方に八方尾根の歴史や高山植物の名前や特徴など色々と教えてもらい、自然を満喫しました。植物の名前は、白馬村に置き忘れたため、以下の写真の名前に確信はありません。
シモツケ 比較的赤色が濃いい
F
イワシモツケ
F_2
エゾシオガマ
F_3
ヨツバシオガマ
F_4
キンコウカ
F_5
タカネナデシコ
F_6
ハッポウタカネセンブリ
F_7
ミヤマアズマギク
F_8
チングルマ 実物は初めて(沢の向こうで、遠かった)
F_9
ホシガラス
F_10
キアゲハ(標高約2,000㍍で確認)
F_11
クガイソウで群れるコヒョウモン
F_12
コヒョウモン
F_13
八方池(標高約2,000㍍)
F_14
八方池から白馬三山方向(雲の中・・また何時か)
F_15
白馬村風景
F_16







« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ