最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

サンコウチョウ他を探して

サンコウチョウが福島市野鳥の森に来ているとの情報で訪ねました。2ケ所で縄張り、盛んにさえずっていたので(ギィー、ギ ホイホイホイ)、声は十分堪能できたが、姿は、3時間ねばってダメでした。後は、水原のクマガイソウ、観音沼の水生生物を見に足を延ばしました。
サンコウチョウがさえずっていた森(両側とも環境良し)
F
ヤブデマリ(野鳥の森に点々と咲いていた)
F_2
初めて見たホオノキの大きな花(葉も大きいが)
F_3
林床を覆うクマガイソウ
F_4
木漏れ日効果で幻想的な釣り灯篭のよう
F_5
近くにあった可愛らしいチゴユリ
F_6
ミツガシワが美しい観音沼
F_7
花冠の縮れ毛が面白い
F_8
おしゃれなカラス(何度も映していた)
F_9

アゲハ幼虫 今年初

庭のキンカンでアゲハの幼虫を今年初確認。(成虫は、アゲハとクロアゲハが大型連休中に飛来していました。)体色から見て、1歳か? スズメやシジュウカラが来ているので、無事育つかどうか気になります。
アゲハの幼虫
F
鉢植えのヤマボウシの総苞が美しい
F_2
グミも数個実を付けた みずみずしいので取るのを躊躇
F_3

舎人公園イベント・花壇現況

イベント「ちびっこランドあそぼう舎人公園」が行われました。あそび体験コーナー、模擬店、ボランティアによる展示などがあり、大勢のファミリーで賑わいました。「みどりと鳥の会」でもブースを借りて、木の実工作や野鳥・草花・チョウの写真展示、コマやけん玉など昔懐かしい遊具等で来園者たちと交流を行い、公園への理解が深まることに協力しました。
ブース風景
F
マスコットキャラクター「とねりん」
F_2
ボランティア花壇 初夏への植え替え作業
F_4
植え替え後花壇
F_5
咲き始めたユリ
F_6
小さな雛が一羽で痛々しい
F_7 
見頃のキショウブ
F_8

野鳥モニター調査

今日モニター調査を実施し7種の確認でした。繁殖期の割引をしても、寂しい結果でした。ツバメの飛翔とヒヨドリの餌運びを見たのが、救いです。調査の道すがら写真をとりました。深緑となり、歳のせいか、時が過ぎるのが早く感じられます。
民家庭の柿花の蕾(噂では、今年は裏年とか)
F
柿の花
F_2
柿の雌ずい(柱頭・花柱・子房)
Photo
ケヤキの切り株(たくましい生命力)
F_3
タチイヌノフグリの種子
F_4
枝豆畑の鳥よけCD
F_5
少なくなった体験学習用の田んぼにも稲が
F_6
クビキリギリス?(キリギリスとしては触角が短いが)
F_7
我が家の山椒に実が(レシピのさらなる充実を)
F_8

今年初日光

かわいい花 ヒメイチゲを訪ねて、奥日光に行きました。丁度繁殖期の野鳥にも会うことができました。カラ類、アカゲラ、アカハラ、ゴジュウカラ・・・等など 他に種名の分からない鳥を含め色々な出会いがあり、楽しいハイキングでした。
日光で好きな花の一つ ヒメイチゲ
F
広い草原を自由に飛び回るノビタキ
F_2
水辺のウグイスを見るのは珍しい
F_3
アオジも番い(?)で水辺をデート
F_4
餌運び忙しそうなカワガラス
F_5
この時期にコガモの♂が寂しそう(湯川にて)
F_6
週末の日光とは思えない静かな木道
F_7
日光白根山にはまだ雪が見える(寒かった)
F_8
シンボル 男体山
F_9

三番瀬・谷津干潟

夏羽のトウネンを求めて三番瀬に行きましたが、見つからないので谷津干潟まで足を延ばしました。ようやく見つけたが、遠くて残念でした。三番瀬では、潮干狩り客が大勢いました。(立夏を過ぎても貝を採っていました)
衣替えした(中)ダイゼン
F
ハマシギ 個体数は圧倒的に多い
F_2
メダイチドリ 三番瀬・谷津干潟の両方にいました
F_4
キョウジョシギ 混じって2羽いました
F_5
キアシシギ 無心に採餌
F_6
コアジサシ 20羽程が盛んにダイビング
F_7
トウネン 証拠にはならないが
F_8
こちらも夏の姿 残念
F_9 

霧ヶ峰・八島湿原

霧ヶ峰の春は、これからでした。草花に代わって、裸の高層湿原を見ることができました。
野鳥も少ないが、ノビタキの♂・♀が、巣材運びをしていました。雪を抱く、富士山、南アルプス、御嶽山、北アルプスの山々の遠望は、予期せぬ喜びでした。
八島湿原と八島ケ池(遠くに蓼科山も)
F
鬼ケ泉水
F_2
ミズゴケの生長(高層湿原へと)
F_4
ズミが日光小田代ケ原を思い出させる
F_5
ノビタキ♂ 下で♀が巣材(?)を集めていた 
F_6
乗鞍岳の遠望(まだ雪深い)
F_7
穂高連峰(肉眼では、右に槍ヶ岳も見えたが)
F_8
(レンジャーの話では、花は5月下旬ごろからとか)

舎人公園

立夏が過ぎてそれらしい気候となりました。舎人公園の大池では、カルガモの子育てが見られます。2組が居ますが、既に雛の数は、4羽と2羽になっています。(誕生時の数は、不明ですが)少ないなーと感じています。水辺では、キショウブ、スイレンも楽しむことができます。
カルガモ・雛4羽
F
カルガモ・雛2羽
F_2
親に見守られて、新芽を食事中
F_3
見頃のキショウブ
F_4
キショウブ・アップ(中肋が目立つ)
F_5
スイレン(園芸品種?)
F_6

ひたち海浜公園・ネモフィラ満開

満開情報を聞き、ネモフィラを見にひたち海浜公園を訪ねました。
空まで届きそうなネモフィラのブルー
F_9
ネモフィラ・メンジーシー
F_10
ネモフィラ・白一輪
F_11
ネモフィラ・マクラータ
F_12
メンジーシーとマクラータ
F_13
林床花壇のチューリップ(5月でも健在でした)
F_14

イワウチワ八景

谷川岳の山裾で印象に残ったイワウチワの蕾~群生の八景写真を載せます。
F
F_2
F_3
F_4
F_5
F_6
F_7
F_8

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ