最近のトラックバック

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

天候不順?

曇りや雨で、低温が続き過ごしやすいが、予報ではまた暑くなるとか。公園ではヤマブキが花を付けていました。庭では蛾の幼虫が姿を見せました。(長雨を嫌ったのでしょうか?)スズメガの仲間のようですが、飼育ケースに入れて気長に確かめてみます。Photo_4 Photo_5 Photo_6

天候異変?

今日の舎人公園(草花編)

今日は、草取り前に、公園管理事務所の方とボランティアが公園管理などについて意見交換を行いました。花壇ではヒマワリが終わり、オミナエシ、アサガオなどが見頃となっています。 ①オミナエシ他 ②~⑥ヒルガオの仲間Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12

今日の舎人公園(昆虫編)

花壇が秋の草花に変化していく中をチョウなどの昆虫が花の間を飛びまわっていました。また、暦(処暑)に合わせて、今日は涼しくなったせいか、花壇の風景を写生されている方々がおられました。Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6  

ジャコウアゲハの卵その後

庭の2個の卵が孵化をして順調に成長してきました。一匹は無事に蛹化して植木鉢の側壁に止まっていますが、もう一匹は何者かに食べられたようです。(幼虫は毒を持っていると聞いたことがありますが・・・。)ナミアゲハの幼虫は現在一匹だけになりました。 ①植木鉢側壁の蛹 ②何者かの食痕? ③④ナミアゲハの幼虫 ⑤青虫を狙うカナヘビの幼体Photo Photo_2 813 816_2 Photo_3

霞ヶ浦周辺の花鳥(8月上旬)

霞ヶ浦周辺の夏の風物を求めてドライブしました。また、鳥見の先生方と一緒にシギチを楽しんできました。初めてタマシギ雌雄を見たのは嬉しかったです。時間の経つのも忘れました。先生ありがとうございました。 ①湖辺の蓮田(最近は夏季でも掘れたての蓮根があります。) ②③ハスの花 ④花托 ⑤タマシギ♂ ⑥オオハシシギとムナグロPhoto Photo_7 Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11

チョウ幼虫の成長

ジャコウアゲハの幼虫(2匹)、アゲハの幼虫(1匹)とも可愛くなりました。しかし、7月下旬には沢山いたのに少なくなりました。現場は押さえていませんが、カマキリが気になっています。(シジュウカラ、スズメも来ますが) 親と思われる成虫がほぼ毎日来ているので、ケースへの避難などしないで、このまま様子を見ます。 ①ジャコウアゲハの幼虫 ②ナミアゲハの幼虫 ③レモンの木に来たカマキリPhoto_2 Photo_3 Photo_4 

ジャコウアゲハの羽化

飼育ケースの中でジャコウアゲハが羽化しました。am7時30分の羽化開始から旅立ちまで約5時間を費やしました。 ①羽化の始まり ②半身羽化 ③壁から滑り落ち ④割り箸でサポート ⑤ほぼ成虫の大きさに育つ(羽化開始から約1時間後) ⑥外のウマノスズクサで旅立ち準備 雄と一緒に戻っておいで  Photo_8 Photo_9 Photo_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13

白樺高原~霧ヶ峰ドライブ

猛暑を逃れて高原へドライブ。オオタカ、ウグイス、カラ類、コマドリ(声)、メボソムシクイ(声)などの野鳥、ウスユキソウやヤマハハコなど夏の花、アサギマダラなどのチョウに出会い一時の涼しさを味わいました。 ①ウスユキソウ ②ヤナギラン ③アサギマダラ ④アカタテハ(とヤマキチョウ♀?) ⑤ウグイス ⑥八島湿原Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ