最近のトラックバック

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

ジャコウアゲハの誕生ラッシュ

梅雨の半ば、公園でジャコウアゲハの幼虫が沢山見られます。7月になれば、成虫を簡単に見つけられるでしょう。 ①3匹の幼虫 ②茎に止まる前蛹 ③鉄線に止まる前蛹 ④蛹 ⑤ウマノスズクサの花 ⑥リュウキュウウマノスズクサの花(6月上旬)3 Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5  

舎人公園ボランティア活動

ボランティア活動に参加しました。多くの女性が新規に参加されました。頼もしい限りです。一画のパセリにキアゲハの幼虫が2匹いましたが、1匹は天敵の餌となり、新しい命へとつないでいました。 ① 公園風景 ②熱心に活動する女性達 ③パセリと幼虫 ④キアゲハの幼虫 ⑤天敵の餌になった幼虫 ⑥パセリとハエ・アリPhoto Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

蛹化大作戦

アゲハ幼虫が蛹化に向けて、約4時間の大移動を行いました。平均速度を50㎝/分として120㍍の距離になります。大旅行の観察は、初体験で感動しました。止まり場所は、物陰の奥まった所で、ジャコウアゲハのそれとは随分異なりました。 ①幼虫兄弟姉妹 ②幼虫の口 ③木から地面に移動 ④地面移動 ⑤プランター縁散歩SOS ⑥止まり場所(翌朝)・・ノラ・ネズミ・カナヘビ・アリなどクリアーできるか?Photo_2 Photo_3 15 Photo_5 Sos Am930

幼虫の成長

幼虫3匹がすくすく大きくなっています。(1匹は不明)3 Photo Photo_2

チョウ幼虫も溜糞?

チョウの幼虫4匹がキンカンの木に生息しています。1ケ所に糞の固まりがあります。トイレでしょうか。 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8

ヒメイチゲを訪ねて

カッコウ、ツツドリ、ホトトギスの声を聞きながら、晩春から初夏の花を満喫してきました。野鳥では、ニュナイスズメ、ヒガラ、カケス、オオアカゲラなどと出会い、オオジシギノのディスプレイ鳴き声にも感激しました。 ①念願のヒメイチゲ ②ウマノアシガタ ③マイズルソウ ④ミヤマカタバミ ⑤ハルリンドウ ⑥咲き始めたズミPhoto Photo_2 3 1 Photo_3 Photo_4

今年もカルガモの子育て

今年も元淵江公園の小さな池でカルガモが子育てをしています。釣り人や散歩のファミリーに見守られながら、親鳥は懸命に頑張っています。何羽が成鳥になるでしょうか。 ①ヒナ11羽が整列 ②親子の押しくらまんじゅう ③一休み ④午後6時頃に塒入り ⑤池の畔でスズメの学校 ⑥突然コアジサシがダイビング 小さな公園もまた楽しPhoto Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5 Photo_6

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ