最近のトラックバック

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

ホバリング中の蛾

ホシホウジャクが花から花へ移動してホバリングしながら吸密していました。 ①ホバリング中は一見ハチに似ています。 ②ストップモウションで羽の裏表も見ることができました。Photo Photo_2

続ジャコウアゲハの一生(冬支度?)

前掲載記事のタイトルはマウスの操作ミスです。

9月21日に飼育ケースの中で蛹化した一体が一月以上過ぎても羽化しません。冬越しをするのでしょうか?観察を続けています。①飼育中の蛹 ②産卵に向かう?カマキリ(散歩中に目が会い固まって動きませんでした。) Photo Photo_2                          

続ジャコウアゲハの一生(冬支度?)

奥日光の風景

戦場ヶ原は既に晩秋の趣でした。多くの木々が赤や紫の実をつけていましたが、良く似ているので名前はさっぱり分かりませんでした。好天に恵まれて満喫しました。 ①男体山と戦場ヶ原 ②湯川 ③ズミの実 ④名分からずPhoto_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7

ナンバンギセル(園芸用)

日光の帰りに寄った花木センターでウマノスズクサ、ナンバンギセルが販売されていました。地植えにアタックするつもりでナンバンギセルを買い求めました。(難しそうですが) ①寄せ植えのナンバンギセル ②主のカナヘビと一緒に ③アップPhoto Photo_2 Photo_3

幼虫のお散歩

ジャコウアゲハの幼虫が、行楽日和に誘われたのか道路を散歩していました。自動車の通行もあるので、出来たばかりの公園のウマノスズクサの保護区に移しました。(あちこちから紅葉便りが聞かれるようになり、彼らはそろそろ冬越しの準備を始める頃でしょうか)①道路を横断中の幼虫(「生まれた場所から50㍍くらいは移動する」と聞いたことがあります。) ②ウマノスズクサの保護区(説明板付き)Photo Photo_2

青色の木の実確認

14日葛西臨海公園で話題になった「サワフタギ」を確認するため、早朝、写真を撮りに行ってきました。 ①サワフタギでよろしいでしょうか? ②キビタキらしいのが出てくれました。 ③一週して帰りに寄ったら、大勢がカメラを構えていました。サワフタギ(沢蓋木)何処かで増えないかなー。なお、汽水池は満潮で鳥は不在。次からは潮位を調べてから行こう。 ④、⑤今朝は近くの公園でもヒタキらしいのがいましたが、名前は分かりません。Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5

ジャコウアゲハの一生 誤りの訂正

10月3日付け「ジャコウアゲハの一生④」の中で、「蛹の期間は約1ヶ月」と記載しましたが、「蛹の期間は約10日」の誤りでした。申し訳ありません。お詫びして訂正いたします。Satoさんご指摘いただきまして、大変ありがとうございました。

気象がおかしい?

今朝、庭のキイチゴを収穫、ヤマブキが開花しました。いずれも本年2度目です。今日の「あしだち探鳥会」の葛西臨海公園でもヤマブキ咲いていました。異変なのか変化しつつあるのか分かりません。Photo Photo_2

ジャコウアゲハの一生 ex

孵化直後(前日以降~写真参考)の幼虫が確認できました。変態の各段階の日数は a卵の期間:約10日 b幼虫の期間:約1ヶ月(食欲旺盛、運動量多) c蛹の期間:約10日(羽化の時間帯はAM5~7時頃が多い) d成虫の期間:不明 でしたが、気象条件や個体による差があると思います。なお、自分には成虫の寿命を調べることができません。Photo

 

ジャコウアゲハの一生①

産卵・幼虫・食草

ジャコウアゲハの観察を続け写真に記録しました。(一時的に里子になってもらいました)

①産卵風景 ②卵(ウマノスズクサの葉) ③孵化間もない幼虫 ④生存競争の厳しい幼虫 ⑤食草のウマノスズクサ(幼虫)Photo_25 Photo_26 Photo_27 Photo_28 Photo_29

ジャコウアゲハの一生②

幼虫のタイプ

大きくは黒色と茶色の2タイプがある。 幼虫の期間は約1ヶ月。終齢の大きさは4~5㎝。 ①黒色 ②茶色 ③危険を感じると角を出す ④黒色と茶色の比較 ⑤蛹になる場所が決まると体液を放出するPhoto_20 Photo_21 Photo_22 Photo_23 Photo_24

ジャコウアゲハの一生③

幼虫から蛹に変態

蛹は体を丸めてとまる。変態に要する時間は約5分。 ①壁止まりタイプ ②変態開始 ③途中1 ④途中2 ⑤変態終了(下に抜け殻)Photo_15 Photo_16 Photo_17 Photo_18 Photo_19

ジャコウアゲハの一生④

蛹のタイプ

いろいろな止まり方があり、蛹の期間は約1ヶ月 ①壁に止まり(「菊虫」の伝説、今だとイナバウアー) ②天井止まり ③鉄線止まり(羽化しなかった) ④枯れ茎止まり ⑤樹幹止まりPhoto_10 Photo_11 Photo_12 Photo_13 Photo_14

ジャコウアゲハの一生⑤

蛹から成虫へ(羽化)

①羽化8時間前(体が黒くなる) ②1時間前(さらに黒い) ③羽化直後(殻は肌色) ④羽化直後の体は柔らかい ⑤羽化後数時間で体が完成(時間は天候、個体で異なる)H Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_9

ジャコウアゲハの一生⑥

成虫の生活

①花から花へ吸密 ②厳しい環境を生き抜く ③♀成虫の側面 ④♀成虫の背面 ⑤クロアゲハ成虫の側面(識別参考・・腹部が黒い)Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4 Photo_5

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ