最近のトラックバック

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ジャコウアゲハのアップ姿

公園周辺を散歩中にジャコウアゲハ(♀と思います)のアップ写真が撮れました。Photo_207 Photo_208

クロアゲハの飛来

クロアゲハの♀が飛来しました。厳しい環境を生き抜いてか両ばねが傷ついていました。しばらく休んで飛び去りました。写真が撮れたので、類似種のジャコウアゲハ♀の写真と合わせて紹介します。 一番の相違点は腹部の色にあるようです。 ①クロアゲハ表面 ②クロアゲハ側面 ③ジャコウアゲハ表面 ④ジャコウアゲハ側面Photo_203 Photo_204 Photo_205 Photo_206

垳川調査隊に参加して

足立区(環境保全課)が主催した「垳川の生物・水質・歴史探訪の体験学習会」に参加しました。大勢のファミリーが参加して、予定の終了時間を超えるほど盛り上がりました。私は、生物調査に参加して、モツゴ、アゲハチョウ、コアジサシなどいろいろな生き物を観察することができました。写真を添えて印象に残ったことを紹介します。事務局の皆さん有り難うございました。 ①メーン会場風景 ②小さい子供に人気のザリガニ ③うなぎの稚魚にビックリ ④蝉の抜け殻収集(ビニール袋いっぱい) ⑤羽化場所に向かうアブラゼミ(ケヤキの大木) ⑥ミンミンゼミの羽化(昼間じっくり見ました。)Photo_197 ・・立派なケヤキ並木でした。Photo_198 Photo_199 Photo_200 Photo_201 Photo_202

公園ボランティア活動

舎人公園のボランティア活動(花壇の草取り、清掃、種まき等)に参加しました。色とりどりの花が咲いていました。丁度ヒマワリが種を付ける時期でカワラヒワが沢山集まっていました。東京の梅雨明けはまだですが、秋を感じさせる花も咲いていました。マメアサガオ、キカラスウリの花を初めて見ました。ボランティア活動(第3木曜日9時30分~午前中)に参加される方を募集していました。Photo_188 Photo_189 Photo_190 Photo_191 Photo_192 Photo_193 Photo_194

アリの侵攻その後

ハチの巣が兵隊アリに攻撃を受けて親ハチが居なくなりました。10日が過ぎてアリも全く居なくなりました。巣穴中の幼虫もハチに持って行かれたのか、全く姿が見えません。巣穴の正面の蓋が付いていますが、裏の壁が破られており、奥から持っていかれたのでしょう。アリさんは、小さいが力はすごい。(おまけの写真を添付します。ハクサンフウロを思い出させてくれます。つゆ明けしたら、本物を見たいです。もう一枚は斑入りのツユクサで、突然現れました。)Photo_183 Photo_184 Photo_185 Photo_186 Photo_187

ジャコウアゲハの繁殖(第2サイクル)

梅雨空が続いていますが、公園ではジャコウアゲハの2回目の繁殖が始まりました。ウマノスズクサの1本目に5匹、2本目に3匹の幼虫が付いているのを見ました。餌不足になりそうですが、お母さんはちゃんと考えているのでしょう。心配無用。P7130006 P7130007 P7130011 P7130012

アリの侵攻

6月初め頃、南京ハゼにハチが巣作りをはじめました。一月ほど経って巣ができたところに、兵隊アリが侵攻してきました。アリの数におされてか、働きハチはいなくなりました。(放棄?) 巣には、まだハチの幼虫がいるように見えます。アリの数はぐんと少なくなりましたが、これからどうなるのか見守りたい。ハチとアリは、同じ膜翅目だそうですが種名は分かりません。Photo_178 Photo_179 Photo_180 Photo_181 Photo_182

沼原湿原の生きもの

梅雨空の中、ニッコウキスゲが見頃の沼原湿原に行ってきました。ホトトギスやカッコウの声を聞きながら湿原の生きものを楽しみました。名前に自信はありませんが、いくつか写真を載せます。順にニッコウキスゲ、コバイケソウ、トキソウ(赤)、カンボク、モウセンゴケ、モリアオガエルの卵、キビタキ(途中)と思っていますが・・・・・。Photo_171 Photo_172 Photo_173 Photo_174 Photo_175 Photo_176 Photo_177

水道水源施設見学(第2回)

東京都の水道モニターとして、「羽村取水堰・玉川上水」、「奥多摩湖(小河内ダム)」を見学してきました。玉川上水は約350年前に開削され、江戸市中(東京都)へ古くから通水していることで知られています。堰や水路の周辺は公園としても整備され人々に親しまれているとのことでした。奥多摩湖では水道水源林の保全のための様々な取り組みが行われていました。また、小河内ダムは、今年完成50年にあたり各種のイベントが計画されていました。写真は、「取水堰上流」、「玉川上水」、「開削工事に尽力した玉川兄弟の銅像」、「奥多摩湖」、「管理棟で子育て中のツバメ」です。プライベイトでもゆっくり訪ねたいと感じました。Photo_166Photo_167 Photo_168 Photo_169 Photo_170 

三頭山探鳥会

ツツドリ、ジュウイチ、キビタキ、オオルリなどの声を聞きながら、いろいろなアジサイの花が咲く中を約5時間散策を楽しみました。アジサイの他印象に残った生き物たちです。(野鳥の写真は無し)Photo_160 Photo_161 Photo_162 Photo_163 Photo_164 Photo_165

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ