最近のトラックバック

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

成果物のおすそわけ

干し柿作りにかかって1ヶ月 渋みがとれておいしく食べられるようになりました。日頃庭で楽しませてくれている鳥たちにもおすそわけをしました。すぐにメジロとヒヨドリがやってきました。カメラを向けるとヒヨドリは飛び去りますが、メジロは味を楽しんでいるように見えます。どちらも身近な鳥ですが、身体の大きいわりにヒヨドリは、臆病なため、いつも大きな声を出しているのでしょうか。Photo_20 Photo_21 Photo_22

お正月に向けて

クリスマスが過ぎて、2006年も暮れようとしています。庭では新年に向けて、万両、千両、十両が実をつけてくれました。明日お餅をついて正月の準備OKです。園芸の本では百両と一両もあるようですので、赤色の千両と合わせて手に入れたいと思っています。(気が早すぎますが)Photo_17 Photo_18 Photo_19

庭のできごと

気象庁では今季は暖冬と予想されています。我が家の庭では早くもイチゴが赤い実をつけました。大分早すぎるがこれも季節の先取りでしょうか?一方盆栽の赤芽下野が遅い紅葉を楽しませてくれています。また、昨夜は庭で事件がありました。干し柿がドロボーに会いました。昨年の例から犯人はネズミだと思っています。食痕から鳥ではないと思っています。S S_1 S_2

公園の風景

師走に入ってあたりは冬らしくなってまいりました。明日は暦の上では「大雪」とか。朝の散歩コースの公園の木々も紅葉のピークを過ぎ、園内はカサカサと落ち葉を踏みしめながら気持ちよく歩くことができるようになりました。ツグミを一羽確認しましたがすぐに飛び立ったため写真にはなりませんでPhoto_15 Photo_16 した。残念、またの機会の楽しみにします。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ