最近のトラックバック

舎人公園・ツミ繁殖



舎人公園では、ツミ、モズ、オオタカ、フクロウなどの猛禽類が観察されていますが、公園の周辺では、以前からツミの子育ては、確認されていましたが、今年、初めて、園内で繁殖を確認できました。大勢のバードウォチャーやカメラマンに見守られて無事、巣立っていきました。冬季になるとオオタカも、上空の飛翔やサンクチュアリ内の樹木で、羽を休めているのが、しばしば見られますが、営巣はまだです。今後に期待します。

 




足立区野鳥モニター調査


調査出発前、庭のサツキが咲いていました。遅咲き?  早咲き?

11月4日(月)調査をしました。 11種の確認 久々に2桁の成果となりました。
夏の気象異変もすぎて、ようやく秋らしい天候となったからでしょうか。

ヒヨドリの元気な声が目立ちましたが、メジロの控えめな声も秋を感じさせてくれます。
ジョウビタキは、冬鳥の季節の到来を告げて、これから楽しみです。

鹿沼・茂呂山

秋晴れに誘われて、運動不足を補うために、茂呂山に行きました。

低山ですが、落葉広葉樹の森で、散策路が整備されて、散歩には手ごろです。

紅葉は、まだまだ先ですが、黄色や白色の花が咲き、低木は赤い実を付けていました。

入り口には、柿の木がたわわに実を付けていました。今夏は、天候不順でしたが、

実のなる年なのでしょうか。次は、紅葉を見たいと。

舎人公園・ボランティア花壇植え替え


10月26日(土)冬の花壇に模様替えしました。霜降(10月24日)を過ぎ、木々の緑は、まだ、残っていますが、朝夕は冷えて、晩秋の雰囲気になりました。

今年の夏は、記録的な降雨に見舞われて、大変な思いをしています。紅葉の風情は、どうなるのでしようか。

ボランティア花壇は、パンジー、ノースポールなど花持ちの良い冬花に植え替えました。

野鳥たちは、まだ、少ないです。これからの飛来に期待しています。

舎人公園・定期野鳥調査


2013年から整備工事が行われていた公園C地区が一部完成し、バードサンクチュアリの周辺調査が可能となりました。定期調査コースを変更して、サンクチュアリの周りにの調査を行いました。
調査日が、「あしだち」の観察会と重なり、二手に分かれえの調査となりました。調査成果は、21種と、この時期としては、やや物足りないですが、オオタカ、カワセミの二度の出現、ツミ、ツツドリを確認して納得しました。(モズの高鳴きが調査中ズット聞こえました)(ムクドリとメジロは残念でした)

2019年10月20日(日) 7時30分~10時10分 調査員 6名  天候 くもり 

見られた野鳥   ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、カワウ、オナガ、ハクセキレイ、カワセミ、オオタカ、ジョウビタキ、ツツドリ、ダイサギ、オオバン、カルガモ、バン、ヒドリガモ、カイツブリ、スズメ、ツミ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、以上21種  他にアイガモ、ドバト多数(50~100) 

 

カワセミ

舎人公園の大池に時々飛来し、姿の美しさ、餌取りの行動で来園者を楽しませてくれています。

陽光を浴びた背中のブルーの美しさは、魅惑的です。

体の割にくちばしが、大きく アンバランスが面白です。 人気の秘密でしようか。

舎人公園・野鳥たち



2019年10月19日 舎人公園の野鳥の姿アップ

 










ブログの再開

2019年10月18日 ブログを再開しました。(テスト)

 

足立区野鳥モニター調査

3月9日(土)東京では、春一番が吹いたようですが、快晴の下 気持ち良く調査を行いました。調査成果も久々に10種を超え、11種を確認しました。民家の庭の小さな森でウグイスのホーホケキョを聞きました。粘りましたが、姿が見えずに残念でしたが、調査開始以来(20ウン年)初めてです。留鳥たちは、繁殖の準備に余念なく、ツグミなど渡り鳥の北帰行も近いことでしょう。花々がだんだんと咲き、気分も春らしくなってきました。
スズメ 何処かいいところはないかなー
_r
メジロ 花いっぱい幸せ
_r_2
メジロ 仲良く群れで来ていました
_r_3
シジュウカラ 何かご飯を見つけたようです
_r_4
ムクドリ まだ一人ぼっちでした
_r_5
ハクセキレイ こちらも単独行動 忙しく餌さがし
_r_6
キジバト 連れ合いは何処へ行ったか
_r_7
ツグミ 間もなく大陸へ
_r_8
民家の森 ホーホケキョ 声のみ
_r_9
紅白 見事な梅
_r_10
ボケ 満開近し
_r_11
国道4号横断橋から  
快晴 見晴らし良し
4_r







舎人公園・早春風景

3月5日貴重な晴れ間を狙って一めぐりしてきました。冬鳥は、帰り始めて種類も個体数も少なくなりつつあり、留鳥たちは、繁殖の準備に忙しそうでしあた。植物は、本格的に芽吹きや開花が始まり、木々の葉っぱも目立ち、鳥見がだんだん難しくなりました。花粉症が少々つらいですが、負けずに出かけたいと思います。
ヒドリガモ 舎人では、一番多いが・・・
_r_2
オナガガモ 餌取り姿で楽しませてくれました
_r_3
カルガモ  かってのアアイドルも アイガモに押され気味
_r_4
カイツブリ 元気に走りまわっていた
_r_5
巣作りに忙しいカラス 口いっぱい 器用です
_r_6
幸せいっぱい ヒヨドリ
_r_7
背伸びは珍しい ハイポーズ  ハクセキレイ
_r_8
春は黄色から  フクジュソウ
_r_9
サンシュも満開でした
_r_10
オオイヌノフグリ  陽光をいっぱいに
_r_12
しぜんかんさつひろば  人も鳥も閑散と
_r_13




«舎人公園・定期野鳥調査

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ